カテゴリー「学問・資格」の43件の記事

2013年7月21日 (日)

愛国心とはなんでしょうか、どんなものでしょうか。

こんな時期だからではないが、タイトルに興味を持ち
次の本を手にした

「愛国」のゆくえ ~「戦後」の無意識とトラウマ~
保阪正康、ほか

この中で、保阪正康氏の指摘がとても印象に残った。

------------------------------------------------
ナショナリズムとは(中略)もっと素朴に、自分たちが育った
共同体にたいする誇り、あるいは地域に伝わる伝承への
愛着などを、広義の意味でナショナリズムとみるべき

------------------------------------------------

また、「またも負けたか八聯隊(はちれんたい)」という言葉で
示される、ノモンハンへの出動命令を北海道の連隊はすばやく
行動し命を落としたのとくらべ、同じ命令を受けた大阪の連隊
では、それから兵士が医務室にならび、要員の選別が終わった
ころには停戦になっていたという話が紹介されており、

この例えから、大阪の人たちは個人主義者と言えます。
自分と国家を対峙させる。(中略)おそらく、これが大阪という
百年、千年の単位で経済的、合理的思考法を培ってきた
地域をかたちづくる伝承や暗黙の約束ごとであり、おおげさに
言えば大阪ナショナリズムの規範なのだと思います。
北海道はそれだけの蓄積を持てなかった。あまりにも早く
国策に動員されてしまい、自律的な発展を遂げそこなった。

と書いてしらしゃいます。

------------------------------------------------

保阪氏の指摘を読みながら、つい日本であれば日本全国を
意識してしまうナショナリズムも、その地域によって感覚は
異なるし、また一人ひとり異なるはずだと思いました。
けれどもなかなかそれは意識されないし、愛国心が全体主義的な
もので意識され、なにか犠牲を伴う場面になってみると実は
その人が属する小さな共同体の風土や気風に大きく影響を
受けてしまう。

ならば、最初からその小さな共同体を意識した郷土愛や
愛国心をそれぞれが持てばいいのではないかと考えました。

けれども一方で、都市化された現代で、そうした郷土を
人が持つことのほうが難しいのかもしれません。
そのような中で描く、愛すべき対象は何か、これは現代人に
与えられた課題ともいえます。

そうした問いかけをもつ私にとっての愛国心とはなにか。
今語られている大きなテーマよりも、実は切実なテーマなのでは
ないか、そのように考えました。

2012年12月 2日 (日)

私的なメモ

忘れないように備忘録

『ダメになる会社』高橋伸夫著

組織の同質化について

参考文献:
米国の社会学者ディマージオ=パウエル
論文「鉄の檻再訪」

佐和隆光著『経済学とはなにだろうか』

2012年9月21日 (金)

社会人として大学院でMBAを学びながらの雑感、想い

いまちょうど半年 専門職大学院でMBAを学んでの感想です。

社会人になってから 年齢にもよりますが 大学院にいくことは
やはりリスクのほうが大きいのではないかと思います。

それでも多くの方が学ぶし、リスクに気づくからこそ必死に
ならざるをえない そのように思います。

同じ必死させで学部を過ごしていれば、今頃、教壇に立てたかも
しれない そのようなことを思ったりもします

きっとそれには才能や才覚といった類のものも必要で、
私自身がどうかとは思いますが、少なくとも学問に我慢しなかった
ことは事実です。

結局、その時にしておいたほうがよかったことを先送りにしてきた
結果、今頃、学ぶことになったことをいつも戒めています。

これからの人生で何も取りこぼしたくない、そう思うし、悔し涙で
心はいっぱいです

でもその涙が ときにうれし涙になるような出来事が大学院にきて
たくさんありました

結局、私が最後に行こうときめたのは、これからの1年を
自分の力だけでエンジョイできるかどうか と自問してみて
残念ながら自分の力では弱くでできない、

もしこの一年を学びの世界に身をおけば何か起きるかもしれない
そんなふうに期待したからでした。

でも、そこまでには、様々な夢や希望をもって、机と向き合うような
時間をこれまでたくさん強いてきて やっと観念できたというのも
正直なところです。

ずいぶん不器用にもがいてきたと思いますし、そのもがきは
未だかわりません。

サラリーマンにとって、1年はとても大きな差を生みときがあります。
そしてそれは、直接、家族にだって影響を及ぼすことがあります。

けれ故に、とても怖かったし、この代償をいかに挽回するか
いつもいつも考えています。

願わくば、少しでも社会のお役に立てるように、身を粉に
できるようにと祈りながら

さて、こんなことを書き出すきっかけとなったのは

早稲田ビジネススクールから出ている

『ビジネスマンの基礎知識としてのMBA入門』にの最後のほうに
おさめられていた 法木秀雄さんの経営者の育成に関する文章を
読んで 感じ入ったからですが

より近い境遇にて感じる事柄も多くあるのではないでしょうか。
(早稲田で学んでいるわけではありませんが・・・)

この本は、東日本大震災支援のためのチャリティ講演会の内容を
まとめられたもので、とてもわかりやすく、新しい領域につても言及
されていてMBAの入門書としても最適に感じました。

よき企業人の育成が主題のように感じましたが、企業も大きな
国の屋台骨であり、人材の育成はとても大切です。

一方、企業に背を向けるわけではないけれど、半ば独立した立場で
学ぶ企業人もいて、この立場とは妙にやっかいで、でもその自由さを
良い意味で活かすしかないと思い込んでいます。

最後は、捨てる神あれば 拾う神あり のような出来事に身を任せる
しかないかもしれませんが、そう思ってあまるほどの自信を得られるように
引き続き学んでいきたいと思います。

もし同じような気持ちの方がいらしたら ぜひ仲良くなりましょう。

【参考図書】
ビジネスマンの基礎知識としてのMBA入門
早稲田大学ビジネススクール著

2012年8月 6日 (月)

モンゴルを知るための65章

金岡秀郎さんの モンゴルを知るための65章 の改版が出ていました。

読んでみると 歴史から現代の政治経済まで 丁寧に わかりやすく
書かれていて、モンゴルを知るにはよい本と思いました。

まだ しっかりと読めていないのですが、ちゃんと読書したいと
思います。

2012年4月 8日 (日)

論文とレポートの違い

石黒圭さんの 

この1冊できちんと書ける!論文・レポートの基本

で なるほどと思ったこと

論文の6つの基本構成は

①問う ②調べる ③選ぶ ④確かめる ⑤裏付ける ⑥まとめる  で

上記の①~⑥のいずれかを取捨選択して書くのがレポート

論文とレポートの違いをわかりやすく教えてくれると思います。

2011年12月29日 (木)

お正月に読む論語 - 山口謠司著 迷いが晴れる論語の読み方-

もうすぐ お正月 このブログが年内に1000記事は難しいかもしれないけれど
まあ そのための読書ではなくて、ゆっくりとやっていこうと思う

さて、お正月というと 普段読めない本を読もう!と思ったりする
実際は そんなに自由な時間なんてないのに あれをしよう これをしようと
もちろん、もっと意思が強い人もいると思うのだけど 僕には無理で
それでもと言われたら 岩波文庫の論語でも傍らにおいておけたらと
思う

でも実際は、正月の何か華やかさに論語が似つかわしくて ページはめくれない
かもれしれない

そんなことを思いつつ 論語の入門書としても最適 かつこれだけ知っておけば
安心ともいえる 良書に出会った

大東文化大学准教授の 山口 謠司さんが書いた「迷いが晴れる論語の読み方」です。

迷いが晴れる論語の読み方

これを読みながら、ああよくつかわれるこのフレーズこんな意味だったのかとか
孔子の考え方のロジックや 孔子と弟子との関係性の中で、この場面で語られて
いたのか・・・と

そもそも 論語を読むうえでの基礎知識を自然と得られるように実感しました。

おすすめです。

2011年11月26日 (土)

暇と退屈の倫理学 國分功一郎著 (朝日出版社)

暇と退屈の倫理学 國分功一郎著 (朝日出版社)

國分功一郎は 1974年生まれで 現在、高崎経済大学経済学部准教授。

難しいタイトルの本を読みだして、読破はできそうにないのだけど
退屈学 というジャンルがあって、それを哲学者や思想家が様々な見解を
構成していることを知りびっくりした。

こうして真面目に論じてみると 生の本質、社会の本質がわかるように
思った。

一般の読者にとって、では自分の退屈をどう考えるか・・・

そのときに メンタルな部分だけをみるのではなくて 社会構造の
変化の歴史、本書であれば 狩猟から農耕、そうした前提情報が十分に
あって、それらを蓄えておくと 幅のある思考ができるし
短絡的にもならずにいいのではないだろうか。

短絡的がいいか、そうでないほうがいいかも きっと議論ができてしまう
のだろう。

そうして一つ一つを考えていくことが 学問だし、その姿勢はどのような
状況にあっても人を陥れはしないのではないだろうか。

2011年9月24日 (土)

民俗学の周辺から現代社会をみつめてみる 佐野賢治著「ヒトから人へ」

佐野賢治さんの

ヒトから人へ 一人前への民俗学 を読んだ

佐野賢治さんは、
神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科教授で
大学に附属する日本常民文化研究所所長もつとめられている。

■日本常民文化研究所
http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/

佐野さんの本を読みながら、佐野さんが民俗学の生き字引かなと
思うような 経歴をお持ちなことと、

渋沢栄一の孫である渋沢敬三が実業の世界に身を置きながら、
民俗学に大きな足跡と貢献を果たしていらしたことを知りました。

またその研究資産が神奈川大学にあることも驚きました。

さて、本書、民俗学周辺と現代の社会を民俗学の知見から考察
するといったエッセイをまとめたものです。

それらから個人的に興味をもったテキスト

----------------------------------------------------------
『山芋』は戦中の、『山びこ学校』は戦後の生活綴方教育、働く
生活から学ぶことが勉強であもあった時代の代表的な作品。

----------------------------------------------------------
昭和初期に柳田國男によって体系づけられた民俗学は(中略)
当初は郷土研究と称したが、その目的は、地域社会が如何なる条件
のもとで今日に至ったのかを明らかにし、今後、地域社外が幸福な
進路を取れる判断材料を提供することにあるとされた。

----------------------------------------------------------
柳田の民俗学の著作の多くは学校教師を読者に想定して書かれた。

竹内利美 - 長野県の小学校教師
宮本常一 - 大阪府下取石村(現・高石市)の小学校教師

----------------------------------------------------------
人は歩きながら、自然、カミ、人にふれ、出会い、その意味を問う。
(中略)歩くということは人間の原点を確かめる営みといえる。
だからこそ、人の踏むべき生き方は“道”ということになる。

----------------------------------------------------------
若者たちは(中略)情報伝達のスピードと範囲はグローバル
であるのに、自分たちの話題や体験は個性的・仲間内的であると
思いこんでいる。他方、大人たちは次々に生み出される文化、
その情報の伝達の勢いに押され、自分たちが身につけた知識や
知恵を次世代に継承していく自信さえ失っている。
世代間で文化の伝承システム、講義の意味での教育が機能しないと、
伝えようとする側と伝えられる側の価値観の相違、世代間ギャップ
だけが表面化する。

----------------------------------------------------------

読んでみて 現代社会や現代にいきる自分自身やその身の回りを
見返す時に、民俗学やそこに蓄えられた知見は役立つのではないか
そのように思いました。

人々のやるせない何かしらの事情から発生したも過程やその帰着は
同じく生きる人間にはかけがえのないものでしょう。

2011年6月 3日 (金)

鈴木大拙著 東洋の心

鈴木大拙の 東洋の心 という本を読みました。

鈴木大拙が様々な雑誌などに寄稿してある短い文章がまとめられて
いるものなのですが、

それゆえに 読みやすい代わりに 統一的な思想の流れをつかむ
にはむきませんが それでも 大拙の視座だとか 世界にある思想や
文明の比較ととらえ方など ただただすごいと思いました。

物事を疑ってみるというと表現は適切ではありませんが、
ぽかーんと遠くから客観的にみる そのことが何か禅的なものなのかも
しれない そのように感じました。

折をみて 読み返してみようとおもいます

2011年2月 3日 (木)

書物誕生―自省録(マルクス・アウレリウス)

岩波が近寄ってきた という第一印象ですが、
岩波書店が出している古典入門書「書物誕生」なかなかいいです。

自省録(マルクス・アウレリウス)の1冊を読んだだけなのですが、とてもわかりやすくて
そして当然なのですが 時代背景や思想の背景など とても根本的にとらえられていて
この試み全体がとても良いと思いました。

自省録 の 評価や読まれ方 そもそも 古典の読まれ方は 書いた本人が想像しない
ような読まれ方もあるわけで、それを読み手自身が斟酌していくと、また得られるものも
あると思いました。

自省録も久しぶりに読んでみようと思います。
自省録を読むと、つい訳者の神谷美恵子さんへの尊敬も感じてしまうのですが
本当にすごいと思います。


より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本