カテゴリー「夢のはなし」の4件の記事

2011年2月27日 (日)

不思議な夢

先日、街の写真を撮るワークショップのようなものに参加しました。
写真を目的にしたものではないのですが、写真を通じて街や生活をみつめてみよう
といった感じの主旨で、写真の指導には、写真家の先生も加わってくださって、
気づけば、贅沢な写真教室という感じです・・・。

その過程で、視線の違いや構図の捉え方などがみんなそれぞれ違っていることや
また自分にありがちな写真の撮り方とか、そのことの面白みとつまらなさといったことが
浮き彫りになって

芸術作品として展示されている写真をただただ観るのとは違い勉強になりました。
もっともっと向き合って、自分の弱い部分や甘い部分をそぎ落としていきたいと
いう願望にかられるくらいに。

おそらくこのように、違いから学ぶことは写真だけではなくて、仕事やそのほかの
プロジェクトでも言えることだと思います。

普段、それをどれほど自ら観ないようにしているか、そんなことを撮り終わった写真を
観ながら感じました。もちろん、その時にだってまだ気づいていないことがたくさん
あるはずなのですが・・・・

そんなことを思ったからでしょうか、またご一緒した方の写真をたくさん拝見したからか
その日はとても興奮していて、疲れて早く寝たのですが、なかなか寝付けず
たくさんの 不思議な夢を見ました

ひとつは 生まれ育った郷里で 東京に帰るために駅までバスに乗ろうとしたら
1時間に1本ほどしか バスがなくて それに乗り遅れて 待っていると
本来そこには止まらない 高速バスの路線があって これで 千葉とか 大阪とか
どこでも行けるのに・・・・ 近くの駅へのバスは1時間後で落ち込んでいたり

知人が地方で美容院をやっているのですが、なぜかそこの美容院で髪を切って
もらっていて、眠くなってしまい、気づけば そのお宅のリビングに布団を敷いて
もらって そこの家には なぜか 現代アートの作品がたくさん飾られていて
その空間で寝ていて 気づいて 飛び起きる 夢とか・・・

また 生家の前の道を 宗教家らしい人が行列をなして練り歩いて
なんだなんだと家を出て見ていたら その宗教家に 県境まで一緒に来ませんか?
と言われて そんな遠くまで歩けないので 近くの橋を渡る手前までならいいですよ
とすごく現実的な対応をしていたりと・・・

とても不思議な夢を あといくつか みたと思うのですが、1年分の夢をみたという
感じでした。

これが写真を撮り歩いたせいとは言わないのですが、撮影をするときに考える行為と
いまはデジカメですぐ撮影したものが見えるので、その結果や皆さんの写真をみたりして
たくさんの映像が刷り込まれて

また、その街のお話も多くあって、たとえばここに住んで20年といったことと、
自分の人生のようなものを重ねたりして、知らず知らずに吸収していたものが
自分に刻まれた想いでや知識などと 組み合わさって、不思議な夢をみせてくれたのかも
しれないと思いました

まあ実際、床屋には行かなくていけなくて・・・それも気になってたし
でも 友人の理容室ではなく 知人の美容室でしたが・・・ 笑

また神の啓示のような夢をみると それを信じて行動する方もいるのでしょうが
そこはすごく現実的な対応を夢の中でもしているくらいで、すごく自分らしいと思ったり。。。
面白くもありました。

これを写真の効用とは言いませんが、よく観ること、それを1枚の写真にしていくことは
当然、自分の作業なので、心がそれに反応してくれたことは 何か良かったことなのかな
と考えています。

2010年1月 5日 (火)

2010年の初夢

今年の初夢は 1月1日の晩

京都のお土産屋さんで 電話を借りて とても高い通話料を
請求されて、その後、なんだかそのさびれたお土産屋さんに
経営指導してるという 変な夢でした。

ちょうど 相棒が京都で それをみていたせいで京都が
舞台となってしまったようです。

でも 女優さんのようなきれいな人は登場しなかったです・・・。


1月3日に見た夢は
とある公園で子供と遊んで帰りになぜか大きな馬車にのって
いて、そこには政治家からタレントまで いろいろな人が
乗っているというものでした。

2008年4月30日 (水)

夢で裁かれる

紹介しづらい本というのも変ですが、
あらすじを書いてもしかたないと思いつつ
読むことはおすすめしたいなあという本

伊藤忠彦著
「宇宙が味方する生き方」

この手のタイトル、最初は引きましたし、
だいたい著者の方は中途半端な職業の方が
多い(失礼!)のですが、この本の著者、
伊藤氏は、関西アーバン銀行の頭取ということで
固いわけで、その関連がつかめなかったのですが
読み進めることで、氏がキリスト教を信仰されている
ことがわかり、

この本の中では、その信仰に基づき、
かつサンダー・シングやスウェーデンボルグが言う
四次元や五次元という世界観が重なって
善い生き方の必要性と必然性を説いているように
感じました。

ところで、本当に善い行いをすることは
大変なことだと思います。

今回紹介した本のような考えを受け入れるか
どうかにかかわらず、目に見えない世界を
意識することは一つの方法ではないでしょうか。
それを宇宙と呼んでもいいかもしれません。

自分に潜んでいる「心」すら、それは見えない
存在であるのですから。

ちなみに、ちょっと難しい話ですが、

「裁き」には3つの種類があって
・毎日の裁き・・・夢になって現れる
・死の瞬間の裁き
・時代の裁き・・・いわゆる最後の審判

この中で、毎日の裁きを受けないようにするために
寝る前に、少しでいいので瞑想し、その日の
出来事を悔い改めると良いとありました。

そうすると、自分の霊が謙虚な気持ちとなり
不幸のもとになる霊の病を小さなうちに
治療でき、幸運もやってきやすくなるそうです。

霊の取扱いは人それぞれかと思いますが、
自省する時間はとても大切だと思うので
寝る前に静かな時間を用意しようと思いました。

ちなみに、このブログでは、夢の話もたまに
書いていますが、最近みた夢で、
どこからの会社の役員にならないかと言われた
夢がありました。

裁きというよりは、願望かなあこれ・・・と
反省しきりです。

2008年2月29日 (金)

こんな夢<出会い編>

こんな夢をみました。

奥さんに知られると殺されそうな夢なのですが

仕事の帰り道、混んだ電車に1人の女性と一緒に
乗っています。

そしてどこに向かうかはわからないのですが、
一緒に食事をすることになっていて
それで、たまたま止まった駅でとても混んでいる
電車なので押し出されるようにホームに降りて
しまって

僕はこの駅で下車すればいいと勝手に思うのですが
とくに示し合わせているわけではないので、
その女性とはぐれてしまいます。

さて、名前も携帯の番号もわかりません
それでまあいいかと探すことにして
当然、見つからずに 次の瞬間

会社の同僚と混んでいる居酒屋に並んでいるのです。
そして、その店から、先程の女性がやはり同僚と
出てきて、顔をあわせるのですが、
どうも怒っているようで・・・

まあ そのままという話です。

その女性が誰であったのか、わかりませんが
奥さんであったかもしれませんし、娘が大きくなると
ああいう顔になるのか、はたまた出会いの予感、
それとも勝手な思い過ごし・・・笑

まあ、夢ですから勝手な想像の世界なのですけれども

こういうのを題材に小説でも書いたら
夢もきっと有効活用できるのでしょうね。

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本