« 日本の神様 | トップページ | 藤森照信×山口晃 日本建築集中講義 »

2013年10月30日 (水)

菊池寛と文藝春秋

文春学藝ライブラリーで再刊された

『天才・菊池寛』 解説は大好きな 坪内祐三氏なのですね
せっかくなら 創業者割引ではないですが もう少し安く
してくれたらいいのに・・・ 記念価格というのもいいかと




ということで、先に手にしたのは

金子勝昭著『歴史としての文藝春秋』

ある意味、古書道楽的には 菊池寛の個性というか
人間性がよく浮き彫りになっていて さらに著者の
愛情のようなものも感じられて うれしい一冊でした。

そして、読み終えての感想は
誰にでも才能はあって、菊池寛のようにその才能を
活かしきることはできないかもしれませんが、

それでも時代と一緒に生きて、埋没しなければ
何か道が開けるのではないか そんなことを思いました。


« 日本の神様 | トップページ | 藤森照信×山口晃 日本建築集中講義 »

文化・芸術」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/58479240

この記事へのトラックバック一覧です: 菊池寛と文藝春秋:

« 日本の神様 | トップページ | 藤森照信×山口晃 日本建築集中講義 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本