« 野呂邦暢小説集成1~2 | トップページ | 菊池寛と文藝春秋 »

2013年10月28日 (月)

日本の神様

古事記、日本書紀などに登場する日本の神々の話を
時系列で紹介してくれる 日本の神様 面白かったです。

神社の写真などもあり、時々、ここに行ったことがある!
とか、自分の性格に似た神様がいたりして
神様の名前を読むのは難しいのですが 楽しい一冊でした

それにしても、こうした想像力と構想力、政治的な色彩も
ないわけではないのでしょうが、どんなふうに神話が
つくられていったのだろうかと思わずにはいられませんでした。

例えば、大和朝廷への統一の中で、その地域や部族が
信仰する神様をこのように処遇してくれといった交渉が
あったのだろうかなどと考えると楽しかったです。

もちろん、それらの神様のご利益にすがりたいのも人情
お参りの際には 願い事について神様とお話をしてみたい
そのようにも思いました

« 野呂邦暢小説集成1~2 | トップページ | 菊池寛と文藝春秋 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

民俗学・社会学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/58467477

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の神様:

« 野呂邦暢小説集成1~2 | トップページ | 菊池寛と文藝春秋 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本