« 愛国心とはなんでしょうか、どんなものでしょうか。 | トップページ | ルーヴル美術館展 -地中海 四千年のものがたり‐ »

2013年8月18日 (日)

韓国ミュージカル 『兄弟は勇敢だった?!』を観てきました

六本木のアミューズ・ミュージカル・シアターで上演されている
『兄弟は勇敢だった?!』を観てきました。

■公式ページ
http://www.amuse-musical-theatre.jp/kyodai/

この作品、地方から東京に出てきて頑張っている人におすすめの
作品です。

詳しくストーリーは書きませんが、私自身がこの物語の境遇と少し
重なる部分があって、途中から大泣きしてしまったので、
このことは、隣の家内にもバレていて、帰り道、そのことを指摘も
されて、もし私と近い境遇の方がいたら観てもらいたいな~と
思いました。

もちろん、数時間の舞台で私自身の人生の課題が片付くわけではなく
身につまされたゆえに、消化不良な部分もありましたが、前に進む勇気
のようなものを感じさせてくれる作品でした。

このように前向きの気持ちにさせてくれるのは、ミュージカル特有の
雰囲気もありますが、韓国の若い俳優の皆さんが母国の伝統や文化と
真摯に向き合い、作品づくりに参加している姿が凛々しくも感じられた
からだと思います。

故郷から離れて都市で生活すること。見えざるも縛られる生家の
歴史と伝統。夫婦の愛。親子の愛。兄弟との関係。

一見、シリアスになってしまいそうなテーマをミュージカルの
脚本や構成がとても愉快に、そして伝統美を活かした舞台美術、
俳優陣の頑張りが、親しみのもてる作品にしてくれています。

その点、俳優さんばかりでなく、脚本家や舞台美術の方のことも
気になる作品でした。(末尾のAll About の記事で詳しく紹介され
ていました)

韓流というと、ラブコメディが多く女性の方に人気というイメージが
ありますが、男性にもおすすめです。

この舞台を通じて、奥様やご家族、お友達、一緒に観ている人と
気持ちがを分かち合える瞬間が男女にかかわらず、故郷を抱えながら
都市で頑張る方々に多くあってくれたらと思います。


■僕の感想よりも よほど詳しい All About の記事・・・
http://allabout.co.jp/gm/gc/423932/

« 愛国心とはなんでしょうか、どんなものでしょうか。 | トップページ | ルーヴル美術館展 -地中海 四千年のものがたり‐ »

アート」カテゴリの記事

映画・舞台・エンターテイメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/58018426

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ミュージカル 『兄弟は勇敢だった?!』を観てきました:

« 愛国心とはなんでしょうか、どんなものでしょうか。 | トップページ | ルーヴル美術館展 -地中海 四千年のものがたり‐ »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本