« 浮世絵Floting World 珠玉の斎藤コレクション展 ・ 三菱一号館美術館 | トップページ | 愛国心とはなんでしょうか、どんなものでしょうか。 »

2013年7月12日 (金)

プーシキン美術展 横浜美術館 素晴らしいです!

Pushikin0001

横浜美術館で7月6日から始まった プーシキン美術館展‐フランス絵画300年‐
こちらの夜間特別観覧会に先日行ってきました。

Pushikin007

■プーシキン美術館展 公式サイト
http://pushkin2013.com/


この日は、展示風景の撮影も許可されていたので、カメラも持参して作品を
拝見しました。

Pushikin008

ロシアの国民的詩人であるプーシキンの名前が冠された美術館は
モスクワにあります。そしてフランス絵画の貴重な作品を数多く収蔵している
ことで有名です。

その背景には、激動の歴史があります。ロマノフ王朝の繁栄や商工業の発達に
よりフランスからもたらされた絵画たちが、ロシア革命を経てこの美術館に
集積されていったのです。

とくに繊維工業や繊維貿易で財力をもった二人のコレクター、イワン・モロゾフ
とセルゲイ・シチューキンの功績の大きさと、それに反比例するかのように
ロシア革命により、存命中にはすでに収集したコレクションは国家に没収されて
おり、時代の変化の中にあっても後世に残された作品群の重みを感じます。

Pushkin_02


さて、やはり今回の展覧会の中で 目をひいたのは、ルノワールの
「ジャンヌ・サマリーの肖像」でしょう。

Pushikin005


ジャンヌ・サマリーを調べると、仏国立劇場コメディー・フランセーズの
19世紀後半の人気女優ということで、この絵は彼女が20歳の時を描いた
ものですが、33歳の時にチフスでなくなっているようです。この絵の中で
彼女の愛くるしさは永遠なのだとわかります。

それにしても、この絵を描いているときのルノワールの高ぶる高揚感の
ようなものが伝わってくるようです。

また、個人的には ミレーとコローが並んで観ることができのは
最高でした!

Pushikin_004


ミレーの作品は「薪を集める女たち」

この作品はよく見ると 木の幹を運ぶ女性のほかに、もう一人
奥の茂みの方で枝を担いでいる男性の姿をみつけました。
タイトルの通り前面の女性二人に意識は集中しがちになりますが、
農村の人びとを描こうとするミレーの意思の強さをこうした所に
感じることができまます。

コロー「突風」

今回、展示作品の中で とてもひかれた作品がありました。

ジャン・パティスト・サンテール の 「蝋燭の前の少女」です。

Pushikin009

売店の絵葉書にもなっていたので有名な作品なのかと思いますが
初めて聞いた画家の名前でした。

画家の名前を調べると、1651年~1717年の生涯をフランスで
過ごした、ロココ美術萌芽期において特に評価された画家のひとり
とのことです。

詳しくは下記サイトが明るいです。
http://www.salvastyle.com/menu_rococo/santerre.html

この作品を観ていると、この手紙を持った女性がとても愛おし
感じますし、手紙が読みやすいように蝋燭を自分で持っていたく
なるような、彼女のために何かしてあげたいといった心持ちに
なりました。その魅力が不思議で不思議でたまらず、何度も
何度も見返したほどです。

Pushikinj003
 ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル「聖杯の前の聖母」
 

プーシキン美術館展。これは東日本大震災の影響で延期と
なった経緯を持っています。奇跡の美術展ともいえるかもしれません。
そしてまた、ここに集まった作品たちも、みな激動の時代をいくつも
経験していることを考えてみると、絵画に出会うことは一瞬ですが、
その時の感動は長く続くことを改めて実感します。

素晴らしい美術展の心から感謝です♪

■名称   プーシキン美術館展 フランス絵画300年
■会期   2013年7月6日(土)~9月16日(月・祝)
■場所   横浜美術館
■開館時間 10:00~18:00
      ※8月、9月の金曜日は20:00まで開館、入館は閉館の30分前まで
      ※休館日 木曜日(ただし8月1日、15日は開館)
■主催   横浜美術館、朝日新聞社、テレビ朝日、BS朝日、
      プーシキン美術館、ロシア連邦文化省

« 浮世絵Floting World 珠玉の斎藤コレクション展 ・ 三菱一号館美術館 | トップページ | 愛国心とはなんでしょうか、どんなものでしょうか。 »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/57746750

この記事へのトラックバック一覧です: プーシキン美術展 横浜美術館 素晴らしいです!:

« 浮世絵Floting World 珠玉の斎藤コレクション展 ・ 三菱一号館美術館 | トップページ | 愛国心とはなんでしょうか、どんなものでしょうか。 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本