« 秩父の女流俳人、馬場移公子 のこと | トップページ | プーシキン美術展 横浜美術館 素晴らしいです! »

2013年7月 1日 (月)

浮世絵Floting World 珠玉の斎藤コレクション展 ・ 三菱一号館美術館

三菱一号館美術館で開催中の

浮世絵Floting World 珠玉の斎藤コレクション 展の内覧会に先日行って来ました。

※開催期間 6月22日(土)~ 9月8日(日)

http://mimt.jp/ukiyoe/

Gaikan_960x1280
まず 興味を持ったのは 斎藤コレクションとは何?ということでした。

浮世絵の多くに私たちが触れるときの多くは、個人のコレクターの方が
いらして、そのコレクションが展示されている美術館に足を運ぶことが
多いのです。例えば、太田記念美術館や山口県立萩美術館・河上記念館
のように

ですが、斎藤コレクションについては存じ上げず、パンフレットやネットで
調べてみると

神奈川県議や参議院議員を務められ、現在、川崎市観光協会連合会会長
の斎藤文夫氏が長年にわたり、浮世絵をコレクションされていいるものと
わかりました。

斎藤氏は、これらのコレクションを館長を務める川崎・砂子の里資料館
にて無料で公開されています。

■川崎・砂子の里資料館
http://kawasaki-isagonosato.jimdo.com/

今回、三菱一号館で展示されている作品は、2012年5月~7月、フランスの
ロートレック美術館の企画展で展示されたもので、今回の企画展での
展示においても、一号館の西洋建築空間で浮世絵を観るという実験が
なされています。

これは、ジャポニズムという言葉に象徴されるように、19世紀に欧米人が
体験した浮世絵を私たちが同じように接する機会とも考えられます。

実際、浮世絵と同じ空間にロートレックが置かれていたりして、江戸の人と
西洋との美意識の比較や共通点など、様々に思いをはせることができました。




Ukiyoeten_1280x960_3


さて、この斎藤コレクション数が膨大なようで、今回の企画展でも3回の
展示替えがあります。

その1期、浮世絵の黄金期 -江戸のグラビア を今回拝見したのですが、
まさしく肉筆の浮世絵にうっとり、また、役者絵などの浮世絵版画に舞台と
絵画がコラボした江戸の娯楽の豊かさにうらやましさを感じたりしました。

美人画では、懐月堂派の美人画には生の艶やかさがありひかれました。

懐月堂派とは解説によると

「菱川師宣没後に台頭した浮世絵の画派で
菱川派と異なり、顔は小さくふくよかで切れ長の目、
着物は豪快で意匠効果を十分に演出した太い太線を
用いた立ち姿の美人が多かった」とのことです。

作者不詳『延宝美人立姿図』
Kaigetsudo_2_960x1280_2


懐月堂度繁『美人立姿図』
Kaigetsudo_960x1280

菱川師宣と見比べてみると、たたずむような空間を意識はさせることはなく、
ただただ描かれた女性主人公であるように気分にさせます。

鈴木春信の『風流やつし七小町』これは斎藤コレクションのみすべてを
お持ちのようで、この7作品をすべてみることができたりと とても豪華です。

浮世絵では師弟関係や画派などが頭の中に入っているととても観るのが
楽しくなります。この展示はその時代と人の流れにあわせて展示構成されて
いるので、誰にとっても親しみやすいです。

喜多川歌麿 の 『当世美人三遊 芸妓 柳はし』の黒い袖頭巾と茶屋の女の
黒い掛衿がきいていると思うのですが、こうした黒の使い方は ロートレックにも
みられるのでは・・・ なんてことも思いながら観ました。

Utamaro_960x1280
また、初代歌川豊国の役者地顔六玉川 の玉川はこの玉川がどこかな?
と思いながら みてみました。

調べてみると、通常の歌枕で使われる六玉川と一致しないものもあるようで、
私の教養不足で嘘を言っているかもしれませんが・・・・・
あとでちゃんと調べてみようとおもいます。

『役者地顔六玉川 高野の玉川 二代目尾上松助』
Kouyanotamagawa_960x1280
ちなみに、高野の玉川(こうやのたまがわ)は、弘法大師の和歌がしるされて
いるようで、この筆跡は役者さん自身の筆になるようです。

 「わすれても 汲みやしつらん 旅人の 高野の奥の 玉川の水」  『風雅和歌集』

歌川国芳の『忠臣蔵十一段目夜討之図』の構成は素晴らしいと
思いますした。実際の舞台装置はどうだったろうかと考えてしまいます。
Cyushinngura_1280x960


このように、役者や舞台と浮世絵の融合が日常にあったことは
とてもすごいことだと思います。そしてせっかくなので写楽をご紹介。

東洲斎写楽『二代目市川門之助の伊達与作』
Syaraku_960x1280

この夏は 浮世絵をたっぶり楽しめることができそうです。
良質なコレクションを楽しむよいチャンスかと思います。

« 秩父の女流俳人、馬場移公子 のこと | トップページ | プーシキン美術展 横浜美術館 素晴らしいです! »

アート」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/57700230

この記事へのトラックバック一覧です: 浮世絵Floting World 珠玉の斎藤コレクション展 ・ 三菱一号館美術館:

« 秩父の女流俳人、馬場移公子 のこと | トップページ | プーシキン美術展 横浜美術館 素晴らしいです! »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本