« 宮沢賢治に近づく一冊  『賢治から、あなたへ』 | トップページ | 秩父の女流俳人、馬場移公子 のこと »

2013年6月 9日 (日)

原田正純さんのこと 水俣病と闘った医師

なかなかないのだけど 通っている大学院の一年生の方と
お話をする機会があった

その方の熱意、課題意識、志、そうしたものをうかがっていると
去年の今頃には自分にもあったのにと少し反省しながら

想いを持続させること、そのために努力を重ねることの
大切さを思った

人は時に、その想いのためにかたくなでなくてはならないし、
一方でその志を実現していくために外交的である必要もある

それが 器用であろうが、不器用であろうがにかかわらず
丹力のないところに モノを生み出したり、発展させる力は
ないのではないか

今 一冊の本を手にしているのだけれど
その表紙にあるこの本の主人公の写真をみていると
その人からも同じことを語りかけてくれているように感じる。

その本の名前は、

『原田正純の道~水俣病と戦い続けた医師の生涯』
毎日新聞社刊


原田正純さんのことをご存知の方は多いと思う
水俣病患者の救済に生涯をささげた医師だ

直接お話をうかがったことはなくて、もっと早くに
彼を知ったら何かお目にかかる方策はあったかも
しれないが、映像で知った彼の語り方はよく
覚えている

この本に、原田さんが著書『この道は』で記した文章が
紹介されている

「この世に二種類の人間がいる。富める者と貧しき者、
加害者と被害者、健康者と病者、都市と農村、先進国と
途上国、多数民族と少数民族などこの世には対立の
構図がある。その差別をどうなくすかが人類永遠の
テーマである。そして、自らをどっちの側に置くかという
ことが“この道”を決める。どの道を進むか選択の
自由はあるが、私は命ある限り今まで歩いてきた
“この道”を行こうと思う。多くの人々に支えられながら」

この一文をかみしめて がんばっていきたい。

« 宮沢賢治に近づく一冊  『賢治から、あなたへ』 | トップページ | 秩父の女流俳人、馬場移公子 のこと »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

社会貢献」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/57533849

この記事へのトラックバック一覧です: 原田正純さんのこと 水俣病と闘った医師:

« 宮沢賢治に近づく一冊  『賢治から、あなたへ』 | トップページ | 秩父の女流俳人、馬場移公子 のこと »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本