« 現代アートの自分にとっての座標軸 | トップページ | 琳派から日本画へ ―和歌のこころ・絵のこころ― 山種美術館 »

2013年2月17日 (日)

墓守娘

カウンセラーの信田さよ子さんの

さよなら、お母さん 墓守娘が決断する時

を読みました。

なるほど 親離れ・子離れ というけれど 母親と娘の関係も
難しいものなのかもしれません

もちろん、親子の葛藤や 心理的な衝突はどこの家族にもあると思う
そうしたものと どのように距離をとるか 解決をしていくか

もしなやんでいらっしゃる方がいるとしたら、この「墓守娘」の概念は
かなり 役立つのではないでしょうか

ただ どのくらいのボリュームでこうしたことが起きうるのか
私にはわからず、何とも言えないのですが、例えば 家内と娘の
関係で何かおきるのか もちろん 私と息子との将来においても
何か起きるのかもしれませんが そうした事案を冷静にみていく
姿勢を こうした著作から学べたらと思いました

« 現代アートの自分にとっての座標軸 | トップページ | 琳派から日本画へ ―和歌のこころ・絵のこころ― 山種美術館 »

心と体」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/56780957

この記事へのトラックバック一覧です: 墓守娘:

« 現代アートの自分にとっての座標軸 | トップページ | 琳派から日本画へ ―和歌のこころ・絵のこころ― 山種美術館 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本