« 美術展と美術館のオススメ本 2冊 | トップページ | 現代アートの自分にとっての座標軸 »

2013年2月11日 (月)

人的資源管理のその先に

先日、人的資源管理の著作を大量に読み込む必要があり
手当たり次第図書館で借りこんで ドタバタと読みました

その中で、不思議に感じた1冊がありました。

それは 亜細亜大学経営学部の教授をされている
小野公一さんの著書

「働く人々のwell-beingと人的資源管理」

こちらは どの項目においても 働く人のことの福利を意識して
そのための解決の糸口になるであろう指摘(ヒント)が書かれていました。

日頃、働いている立場からすると、さらりと統計結果や冷静な記述が
続く内容を読み解くよりも、自らの視線でこの1冊に貫かれている
well-being(安寧) をどう探求していくかとい課題と向き合うことが
できる点で面白かったです。

« 美術展と美術館のオススメ本 2冊 | トップページ | 現代アートの自分にとっての座標軸 »

ビジネス」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/56739380

この記事へのトラックバック一覧です: 人的資源管理のその先に:

« 美術展と美術館のオススメ本 2冊 | トップページ | 現代アートの自分にとっての座標軸 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本