« Love × Peace = HERO  <アクションドローイング HERO> | トップページ | 人的資源管理のその先に »

2013年2月 7日 (木)

美術展と美術館のオススメ本 2冊

ただのガイドブックではない、この2冊に共通するのは著者それぞれの
長年の職業人生から生み出されていて、かつ緻密な記憶や調査が
行き届いていて 敬服してしまうほどに手元においておきたい本だと
思いました。

平野公憲著 私の展覧会クロニクル1978-2009
これは朝日新聞で文化事業を担当されていた平野さんという方の
ご自身が手掛けられた企画展を通じて起きた出来事、準備の様子
などを克明に記録されているもので、裏側ってこんなふうに
なっているんだあ~と また自分自身が拝見したり、歴史的にも
転機になるような企画展を平野さんが担当されていることを知り
おお・・・と思ったり 飽きることなく読み進めることができました。

飯田郷介著 美味しい美術館 美術館雑学ノート
こちらは建築家として美術館の建設に携わられたことをきっかけに
各地に有名美術館の建築と歴史、またレストランなどを紹介されていて
なぜ原美術館の分館が群馬になるのか・・・といった個人的に
興味があったことの理由がわかったりして有用だったのですが
とにかく美術館の建築史を丹念に調べられていて脱帽してしまいます。
おそらくこれまで出会ってきた建築物の由来について書かれた本よりも
詳しいかと思います。しかも時代背景など社会的な側面もわかりやすく
書いてあります。

これら2冊を読んで、才能をうらやましく思いました。
お二人ともアーティストではないのだけど、際立つ才能をもって
アートの世界にも身をおかれていることを 見習っていきたいと
思いました。

« Love × Peace = HERO  <アクションドローイング HERO> | トップページ | 人的資源管理のその先に »

アート」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/56713350

この記事へのトラックバック一覧です: 美術展と美術館のオススメ本 2冊:

« Love × Peace = HERO  <アクションドローイング HERO> | トップページ | 人的資源管理のその先に »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本