« ツェッペリン飛行船と黙想 上林曉著  全集未収録の125編 | トップページ | 営業をマネジメントする 石井淳蔵著 岩波現代文庫 »

2012年12月16日 (日)

坂野徹著「フィールドワークの戦後史 宮本常一と九学会連合」

日本大学教授の 坂野徹さんの

『フィールドワークの戦後史 宮本常一と九学会連合』
(吉川弘文館)

九学会連合を最初、九州の学会の連合かと思ってしまったのですが
これは勘違いで

戦後、人類学・民俗学・考古学などの学会が 渋沢敬三
の呼びかけのもと
結集し、対馬や能登半島、奄美などを共同調査したことを
示しています。

この中で、戦後の政治的な思惑と学術調査の関わり、
アカディズムにおける中央と地方の確執

こうしたものをよく浮き彫りにしていて
戦後の民俗学の姿を教えてくれます

また、この中で、宮本常一や 渋沢敬三が 常に
地方の住民のことを意識し、その生活改善のために
心を砕き、実際に行動をされた姿は とても勉強になりました。

思考をする人間の一人として 忘れてはいけないこと
のように思います。

« ツェッペリン飛行船と黙想 上林曉著  全集未収録の125編 | トップページ | 営業をマネジメントする 石井淳蔵著 岩波現代文庫 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

民俗学・社会学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/56328194

この記事へのトラックバック一覧です: 坂野徹著「フィールドワークの戦後史 宮本常一と九学会連合」:

« ツェッペリン飛行船と黙想 上林曉著  全集未収録の125編 | トップページ | 営業をマネジメントする 石井淳蔵著 岩波現代文庫 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本