« リーダーの本当の仕事は何か | トップページ | 瞑想のお話 ウィリアム・レーネン氏のCD »

2012年9月30日 (日)

アイデアハンター

アイディアハンター この本の良いところは
アイディアを育むためのノウハウが記されていることです。

そしてそれは何か特殊なことをするのでなくて 当たり前のこと
と言う印象を持ちました。

1、興味
2、間口の広さ
3、トレーニングする
4、しなやかさを保つ

けれども 読み込んでいくと その極意のような秘訣はあって

IDEOやピクサーの事例など とても詳しく書かれていて役立ちます。

何よりも、発想や創造力を鍛えよう!というのではなくて
事実や気づきなどのアイデアを 育てたり 選別したりしていく
中でのノウハウが書かれています。

また、他社との会話を重視している点も共感できました。

凡庸な私が ただアイデアを持つだけでなくて、それを実現していく
部分がないといけないし、その力もまた アイデアによって
創出されるのだと思います。

アイデアを人生の味方につける、そうしたことを努力していきたいです。

« リーダーの本当の仕事は何か | トップページ | 瞑想のお話 ウィリアム・レーネン氏のCD »

ビジネス」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/55780511

この記事へのトラックバック一覧です: アイデアハンター:

« リーダーの本当の仕事は何か | トップページ | 瞑想のお話 ウィリアム・レーネン氏のCD »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本