« 第3の案 にみつけた言葉 「奉仕」 | トップページ | 市民がつくった電力会社 »

2012年9月 2日 (日)

枝廣淳子さんの視点

たまたま 読んでいる2冊の本が 環境ジャーナリスト 枝廣淳子さんに
かかわるものでした。

1冊目は ご自身の アラン・アトキソンさんとの共著

「GDP追及型成長から幸せ創造へ」 で

もう1冊が、夏休みに子供とどこにいくかと図書館から借りてきた

「TOKYO研究所紀行」でした。

「TOKYO研究所紀行」は その名前のとおり、大学や国の研究機関や
企業などの研究所を紹介している1冊で そこにコラムとして枝廣さんの
コラムが収められていました。

そのコラムで、ドネラ・メドウズさんの『成長の限界、人類の選択』にて
書かれている 「世界を望ましい方向に変えていくために私たちに必要な
5つのこと」が紹介されています。

■「世界を望ましい方向に変えていくために私たちに必要な5つのこと」

1)ビジョンを描く
2)ネットワークを作る
3)真実を語る
4)学ぶこと
5)愛すること

また、もう1冊の「GDP追及型成長から幸せ創造へ」では

最近の日本での価値観の変化を次のように指摘している。

■三脱の動き
 1)暮らしの脱所有化
 2)幸せの脱物質化
 3)人生の脱貨幣化

この2つの本のわずかな記載しか 引用はしませんが、
それでも現代人の生き方を示してくれているように思います。

ただし、これは流行を作ることでも、それを追いかけることでも
なくて、どうした世界に自らが暮らしたいかの問いかけでも
あります。

ぜひ、じっくりと多くの方と考えていけたらと思います。

« 第3の案 にみつけた言葉 「奉仕」 | トップページ | 市民がつくった電力会社 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/55561276

この記事へのトラックバック一覧です: 枝廣淳子さんの視点:

« 第3の案 にみつけた言葉 「奉仕」 | トップページ | 市民がつくった電力会社 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本