« 社会人として大学院でMBAを学びながらの雑感、想い | トップページ | ジョルジュ・ルオー アイ・ラブ・サーカス展 が 10月から 汐留で »

2012年9月23日 (日)

柳宗理の追悼から

デザインという言葉はとても魔法のようなもので
僕自身よく使うことがある

社会をデザインするとか ビジネスをデザインするとか

でも この デザインも 人間の手になるものだから
そこには人間関係があって 父と息子とか その周囲とか

そのことをよく示しているのが 柳宗理 ではないか

そのように 柳宗理の 追悼特集の 本を読んで
思いました。

この本の冒頭に 柳宗理の 「デザイ考」が掲載されて
いるのですが、とても勉強になって、これはどの分野でも
言えるのではないかと思いました。

« 社会人として大学院でMBAを学びながらの雑感、想い | トップページ | ジョルジュ・ルオー アイ・ラブ・サーカス展 が 10月から 汐留で »

アート」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/55722830

この記事へのトラックバック一覧です: 柳宗理の追悼から:

« 社会人として大学院でMBAを学びながらの雑感、想い | トップページ | ジョルジュ・ルオー アイ・ラブ・サーカス展 が 10月から 汐留で »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本