« ダライ・ラマ14世 傷ついた日本人へ | トップページ | モンゴルを知るための65章 »

2012年7月25日 (水)

新型うつ と戦おう

社会が病気を作るとき そしてそれにおかされると
抜け出すのが精一杯で、そうした社会を変える力まで出ないかもしれない

でも本当はそうした苦しみを感じた方に 次の社会を作ってもらいたいと
思っています

そして、その時にもう一度、自分の弱さをみつめて克服してという
作業を繰り返すことで 心の安寧も得られるのではないでしょうか

ここでの 弱さ とは 弱い人を特定するものではなくて
誰にでもある 弱さ をみつめるということでしかないのですが・・・

さて、見波利幸著『「新型うつ」な人々』 を読むと

誰にでも 新型うつ がなりやすいことがわかりますし
ストレス耐性をいかに身につけるかも アドバイスがあって
とても参考になります

自分を救うために 他人を傷つけるよりも
みずからが苦しみを得る時のことを考えて 知見を増やすし
備えることがなにより大切ではないでしょうか

読書メモ
------------------------------------------------------

人の3つの状態

1)自分で目標を設定し、それに向かって今自分がどこを
  歩んでいるのかが明確に意識できる人

2)明確なものは見えていなくても自分の将来に対する明るい
  期待感を持っている人

3)上記の1)2)を何一つ持っていない人

このうち 3) の方が メンタルの不調を得やすい。
目標を持つことは「自分はどういう人間なのか」ということが
わかっていないと考えることはできない。

自分自身を振り返って そこからみつけていく。

------------------------------------------------------

« ダライ・ラマ14世 傷ついた日本人へ | トップページ | モンゴルを知るための65章 »

ビジネス」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/55279919

この記事へのトラックバック一覧です: 新型うつ と戦おう:

« ダライ・ラマ14世 傷ついた日本人へ | トップページ | モンゴルを知るための65章 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本