« 社会のなかに潜む毒物 | トップページ | ダライ・ラマ14世 傷ついた日本人へ »

2012年7月19日 (木)

見城徹/藤田晋 『人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない』の超読後感

見城徹/藤田晋 著

『人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない』

流行りもののような本のなかに わざとメモをノートに
残さないようにしておこうと思った言葉をみつけました

きっと すぐに忘れてしまうかもしれないし
心の底に残り続けるかもしれない

けれども それを 覚えていたり 実践できたり
あるいは気づかなくても それを自ら具現できていたら
それでいいかもしれないとも思った言葉でした

きっと素質はあるかもしれない だけど
磨き忘れているような フルマラソンの給水ポイントで
そこを通り過ぎるか はたまたしっかりとドリンクを
手にできるのか

自分自身が途上にいる そのことをじんわりと思いました

この本の中で 見城徹氏が 吉本隆明の詩を引用していて
一方で文学とはすごいし、文学や教養や人を強くしている
ことも示していると思いました。

そして何よりも覚悟が必要なのですが、その覚悟を
研ぎ澄ませていったのも また 文学や教養ではなかった
でしょうか。

またそのこから、本当に文学や教養を語るにも
研ぎ澄ませた日々が必要であるといった逆説も
成り立つように思います。

吉本隆明の名前をみると、テレビでみた 舞台の上に
おかれたベッドにいて講演を行う氏の姿を思い出します

またその言葉を背に戦う人がいたこともこの本から
知りました。

知性のうねりのなかに、自らのビジネスを立てていきたい
そのように思いました。

« 社会のなかに潜む毒物 | トップページ | ダライ・ラマ14世 傷ついた日本人へ »

ビジネス」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/55227386

この記事へのトラックバック一覧です: 見城徹/藤田晋 『人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない』の超読後感:

« 社会のなかに潜む毒物 | トップページ | ダライ・ラマ14世 傷ついた日本人へ »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本