« せどり、背どり ・・・  | トップページ | 長谷川和廣著 「利益を出せる人 出せない人」  »

2012年6月14日 (木)

三井淳平著「空間的思考法」より

レゴの達人、三井淳平さんの 本から・・・


自分さえよければよい、自分だけが楽しければよいという考え方では、
視点も視野も狭くなり自己中心的になっていきます。それでは結局、
誰もハッピーになれません。

しかし世の中全体を見渡し、多面的な視点を知り、多種多様な価値観を
理解すれば、その中で自分に何ができるのか、自分は何をすべきなのか
考えはじめます。

能動的になればなるほど、世界が広がり、視野が広がり、より多くの人
思考に触れることができるので、情報量も増えてまた新たな刺激をもらう、
という好循環が生まれるのです。そして、それこそが、空間的思考法だと
いえます。

« せどり、背どり ・・・  | トップページ | 長谷川和廣著 「利益を出せる人 出せない人」  »

ビジネス」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/54958197

この記事へのトラックバック一覧です: 三井淳平著「空間的思考法」より:

« せどり、背どり ・・・  | トップページ | 長谷川和廣著 「利益を出せる人 出せない人」  »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本