« ビジネス・インサイト 石井淳蔵著 | トップページ | ルオーと吉井画廊 »

2012年5月27日 (日)

読書について ~ それでも、読書をやめない理由 から ~

デヴィッド・L・ユーリン著

そでも、読書をやめない理由

デヴィッド・L・ユーリンは、ロサンゼルス・タイムスの文芸批評・担当記者。

ブログやソーシャルメディア、電子書籍の増大から離れがちになる
読書について、その意味を語りかけてくれている本だ。

これを読んで、1冊がもたらしてくれる贅沢。そこには常に自分があり、
自分を通じてしか味わえない幸福がある。それが読書なのかもしれないと
思いました。

以下、気になる部分を抜粋。

-------------------------------------

わたしたちが世の中と隔絶することは決してないし、接触せずに
いることも決してない。にもかかわらず、読書とはその性質上、
ここではない場所へ移動するための、今という状態から離れ、
異なる人生の網目の中へ入りこんでいくための戦略的行為なのだ。

-------------------------------------

何かと注意が散漫になりがちなこの世界において、読書はひとつの
抵抗行為なのだ。そしてわたしたちが物事に向き合わないことを
何より望んでいるこの社会において、読書とは没頭することなのだ。
読書はもっと深いレベルでわたしたちを結びつける。

それは早く終わらせるものではなく、時間をかけるものだ。それこそが
読書の美しさであり、難しさでもある。

なぜなら一瞬のうちに情報が手に入るこの文化の中で、読書するには
自分のペースで進むことが求められるからだ。

-------------------------------------

世界からほんの少し離れ、その騒音や混乱から一歩退いてみることに
よって、わたしたちは世界そのものを取りもどし、他者の精神に
映る自分の姿を発見する。そのときわたしたちは、より広い対話に
加わっている。その対話によって自分自身を超越し、より大きな
自分を得るのだ。

-------------------------------------

読書はひとつの瞑想的行為となる。そこには瞑想に伴う困難と恩寵の
すべてが含まれている。

-------------------------------------

« ビジネス・インサイト 石井淳蔵著 | トップページ | ルオーと吉井画廊 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/54808669

この記事へのトラックバック一覧です: 読書について ~ それでも、読書をやめない理由 から ~:

« ビジネス・インサイト 石井淳蔵著 | トップページ | ルオーと吉井画廊 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本