« 東日本大震災と宮沢賢治、山折哲雄氏のインタビューを読んで | トップページ | 【読書】サイモン・シネックの WHYからはじめよう! なるほど »

2012年5月 9日 (水)

グローバル人事戦略・・・一番遠い存在な自分なのに 汗

日本企業のグローバル人事戦略
山西均著

自分はぜんぜん グローバルな生き方をしていないのですが
手に取ってみました

時代の流れに焦るのも手ですが、とりあえず、企業の現場で
人事担当者がどのように考えているか、また学問的にどのように
認識されているか ということを知るのも いいのかな・・・と
思います。

この本からは、対比としての日本国内型の企業の姿や
従来の一般的な企業の報酬モデルなどがわかって面白かった
です。

また、雇用が安定している日本の企業の場合に、想定される
生涯賃金分を管理費ではなくて、負債として計上してく
提案などもありました。

« 東日本大震災と宮沢賢治、山折哲雄氏のインタビューを読んで | トップページ | 【読書】サイモン・シネックの WHYからはじめよう! なるほど »

ビジネス」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/54666835

この記事へのトラックバック一覧です: グローバル人事戦略・・・一番遠い存在な自分なのに 汗:

« 東日本大震災と宮沢賢治、山折哲雄氏のインタビューを読んで | トップページ | 【読書】サイモン・シネックの WHYからはじめよう! なるほど »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本