« アートを生きる 南條史生著 | トップページ | シンプル、M&Cサーチの場合 »

2012年4月 3日 (火)

日本の銅像 金子治夫 著

金子治夫さんという 写真家の方が 全国の銅像を撮影された写真集

日本の銅像

とても面白く眺めています。

全国を旅した気分になったり、同じ場所にいっているはずなのに
その銅像とは対面していなかったことを知って悔しい気分になってみたり 

神話の人物や天皇、武将、僧侶、経済人、文化人

こうした人たちが、この国を作ってきたのか・・・と思ってみたり

もっとも銅像が建立される背景も時代により異なるようです。
当初は、国家的な意味合いだったものが、アニメのキャラクターが登場
したりして、まちおこしの観光資源としての性格を持つものも出てきた
ことが指摘され、なるほどと思いました。

ちょうど、近所に 坂本龍馬像がありますが、普段は気にしなくても
ふと、龍馬だったらどう考えるか・・・といった着想のきっかけを
その像から与えられることがあります。

そうしたことと重ねて考えてみると、銅像の傍らに息づく人々の生活も
この写真集から想像できるのではないか、そのように思いました。

« アートを生きる 南條史生著 | トップページ | シンプル、M&Cサーチの場合 »

アート」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/54381243

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の銅像 金子治夫 著:

« アートを生きる 南條史生著 | トップページ | シンプル、M&Cサーチの場合 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本