« 社内起業の性格から企業人材の価値を評価できるのではないでしょうか? | トップページ | 芸術をめぐる言葉 から  »

2012年4月29日 (日)

イノベーション

イノベーションという言葉ほど 美しくて あいまいで わかりにくい
言葉はないかもしれない

一方、世の中にはたくさんの イノベーションの結果があふれていて

自分がその役割を担うにはどうしたらいいのか・・・と考えることは
多くの人にとって 経験のあることではないでしょうか。

さて、ダイヤモンド社から出ている

イノベーション5つの原則

この本も イノベーションの実際の難しさに比例してか、読むのが
くたびれる本ではあったのですが

それでも役立つ記載が豊富にあって、面白かったです。

ここで語られている 5原則は

1)真の顧客ニーズ
 自分がおもしろいと感じることだけでなく、顧客と市場にとって
 重要なニーズに取り組む

2)価値創出
 価値創出のツールを活用して、顧客価値を迅速に生み出す

 ●NABC
  Need:重要な顧客と市場のニーズはどんなものか?
  Approach:そのニーズに応えるための独自のアプローチとは?
  Benefits per costs:そのアプローチの費用対効果はどうなのか?
  Competition:競合や代替品と比較して、どのくらい優れているか?

 ●ウォータリング・ホール

3)イノベーションをリードするチャンピオン

4)イノベーション・チームの構築

5)組織の方向づけ

ちなみに、ネットで検索したところ、詳しく内容を書かれているサイトが
あったので こちらをご紹介

http://d.hatena.ne.jp/himazublog/20080107/1199657612

ちょっと手抜きですが・・・

« 社内起業の性格から企業人材の価値を評価できるのではないでしょうか? | トップページ | 芸術をめぐる言葉 から  »

ビジネス」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/54584110

この記事へのトラックバック一覧です: イノベーション:

« 社内起業の性格から企業人材の価値を評価できるのではないでしょうか? | トップページ | 芸術をめぐる言葉 から  »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本