« シンプル、M&Cサーチの場合 | トップページ | 勉強会トレンドの顛末  ・・・ 人事担当者必読書ですよ!たぶん »

2012年4月 6日 (金)

考える鉛筆

小日向 京 さんの 「考える鉛筆」

よく万年筆の本といった具合のものはあるけれど
鉛筆で一冊の本ができてしまうことは驚きでした

鉛筆というち小学校の低学年では使っていたし

何年生の頃か、転校する子からシャープペンをもらった
ことを覚えていて、これがはじめてのシャープペンシルとの
出会いだったことを覚えていますが・・・

鉛筆との出会いというと、ちょうど今頃の季節で、卒園や入学式の
タイミングで出会って、少し大きくなると文具屋さんで買ったり、
だれかからもらったりして、

お気に入りの鉛筆が出てくると、使うのがもったいなくて、
お菓子の空き箱に大切にとっておいて、
結局使い切れずにどこかにやってしまったので、
本当にもったいないことしたなあ~ということを思い出しました。

でもこちらの本では、鉛筆の醍醐味を全方位で紹介して
削り方、削りかす、鉛筆削り、紙や下敷きの種類などなど
語りつくされています

小さなころの宝物の思い出と、こちらの本の鉛筆への愛情に刺激され
どうやら発想を生み出すにもいいようです!

久しぶりに鉛筆を使いたくなりました

でもその前に あの仕舞い込んだ宝物の鉛筆たちを
探し出さなければなりませんね

« シンプル、M&Cサーチの場合 | トップページ | 勉強会トレンドの顛末  ・・・ 人事担当者必読書ですよ!たぶん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/54401091

この記事へのトラックバック一覧です: 考える鉛筆:

« シンプル、M&Cサーチの場合 | トップページ | 勉強会トレンドの顛末  ・・・ 人事担当者必読書ですよ!たぶん »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本