« 日本の銅像 金子治夫 著 | トップページ | 考える鉛筆 »

2012年4月 4日 (水)

シンプル、M&Cサーチの場合

広告会社の M&Cサーチ の企業理念は

Brutal Simplicity of Thought (容赦なくシンオウルな思考)ということで

この会社の トレーニングマニュアルをもとに作成されたのが

アイデアが生まれる時 世界を変えた48のシンプルな発想

はじめて M&Cサーチの 名前を知ったのですが、日本にもオフィスはあって

http://mcsaatchi.co.jp/

クライアントとしては、イケアやポーラ、太宰府天満宮もあるそうです

太宰府天満宮の作品紹介
http://mcsaatchi.co.jp/#!/2011/06/02/145/

変に電鉄系とかでないところがイケてます。

また、そのほかの会社の作品をみても 外資らしい ブランディングを
意識した内容で いいですね こういうの

さて、本の紹介ですが、知識として面白いネタとその背後にある
まさしくトレーニングの部分ですが、こう考える といった
2つの面があると思います

■知識として面白い
・ティーパークは、トーマス・サリヴァンが、茶葉の見本を包んだ絹の小さな袋が発祥
・IKEA のフラットパックは、1956年ギリス・ラングレがテーブルを買って
 車に積み込むときに、家具をばらしたことがヒントに
・紙の手提げ袋、1912年ある飲食店、袋があったらもっと買って帰ってくれるはず

■トレニーニングの部分
 わざわざシンプルを意識しなくても、普段のひらめきや感じたことへの
 応用を想像するだけでも 何か世界を変えるアイディアが生まれるのでは
 ないかと感じた

 日本でシンプルというとそぎ落としていくことが主眼になりますが、
 欧米の場合は、置き換えることから シンプルが生まれるのではないか
 そのように思いました。

« 日本の銅像 金子治夫 著 | トップページ | 考える鉛筆 »

ビジネス」カテゴリの記事

広告・セールスプロモーション」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/54384365

この記事へのトラックバック一覧です: シンプル、M&Cサーチの場合:

« 日本の銅像 金子治夫 著 | トップページ | 考える鉛筆 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本