« 嫌いな言葉たち | トップページ | 郵便の自爆営業のニュースをみて思ったこと »

2012年3月25日 (日)

太郎と爆発を読みながら・・・超読後感ですが・・・

芸術とは何か たまにそんなことを考る

椹木野衣著 太郎と爆発 を読んで 岡本太郎を通してみると

彼にとっての芸術とは「遠くの未来をまっすぐみつめそれを表現する」
ことではなかったかと思った

あまりにもまっすぐみつめると それは抽象的になって ああした
作品になっていく

さて 一方で 私たちは 未来に対して何を見出そうとしているのか

迷ったら同じようにキャンバスの前に立ってみればいい
または写真でも、陶芸でもなんでも

きっと下手なパワーポイント以上に 何かが隠れているに違いない

« 嫌いな言葉たち | トップページ | 郵便の自爆営業のニュースをみて思ったこと »

アート」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/54302230

この記事へのトラックバック一覧です: 太郎と爆発を読みながら・・・超読後感ですが・・・:

« 嫌いな言葉たち | トップページ | 郵便の自爆営業のニュースをみて思ったこと »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本