« ここまでくると超読後感ですが。。。 本田直之著「ホウレンソウはいらない!」を読んでソーシャルメディアを考える | トップページ | 嫌いな言葉たち »

2012年3月25日 (日)

陰影論

戸田ツトム さんの 「陰影論 デザインの背後について」

僕にはお手上げな一冊でした

なんども読み込んだのですが・・・

それでも感じたことは 当たり前のことですが 光とその影を
意識すること

昔、暗室にこもって 写真をプリントすると フィルムの影になっている
ところは 光があたらないために明るくプリントできて

フィルムの透き通ってるところからは、光がたくさん通過して
黒く焼きあがることをみて

ああ ネガって こういうことか・・・ と思ったりしました。

ずいぶん稚拙な写真への入り口であり、出口もないのですが
書名のタイトルのとおり、陰影を意識するだけで
アートでも 社会でも 見え方は違ってくるのではないでしょうか

« ここまでくると超読後感ですが。。。 本田直之著「ホウレンソウはいらない!」を読んでソーシャルメディアを考える | トップページ | 嫌いな言葉たち »

アート」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/54302022

この記事へのトラックバック一覧です: 陰影論:

« ここまでくると超読後感ですが。。。 本田直之著「ホウレンソウはいらない!」を読んでソーシャルメディアを考える | トップページ | 嫌いな言葉たち »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本