« 詩人の役割 | トップページ | 隈研吾 場所原論 を読んで »

2012年2月27日 (月)

結縁灌頂

学研の 密教がわかる本 エソテリカ編集部編 は
とても詳しく 密教のことが紹介されています。

その中で、結縁灌頂という 一般の人向けの修法があることを
知りました。

Wikiによると

結縁灌頂(けちえんかんじょう) 出家して、どの仏に守り本尊と
なってもらうかを決める儀式。投華得仏(とうけとくぶつ)といい、
目隠しをして曼荼羅の上に華を投げ、華の落ちた所の仏と結縁する。
曼荼羅には鬼神や羅刹などもあるが、その場合でも、祀り方などや
儀式を伝授される。空海は3度これを行い3度とも大日如来の上に落ちた。

となっています。

ネットで調べるとこれを高野山でも行っているそうです。

http://www.koyasan.or.jp/kongobuji/event/kechienkanjo.html

また、高野山での灌頂では、すべての絵が大日如来となっている
そうですが(体験者の方のブログなどによると)どうなんでしょうか。

秘密めいたものが 名前の通り 密教にはありますね。

自分も経験してみたいなあ~と思いました。

« 詩人の役割 | トップページ | 隈研吾 場所原論 を読んで »

宗教」カテゴリの記事

宗教・信仰」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/54080831

この記事へのトラックバック一覧です: 結縁灌頂:

« 詩人の役割 | トップページ | 隈研吾 場所原論 を読んで »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本