« たざわ湖スキー場のビジネスモデル変革 | トップページ | ソーシャル・ネットワークとビジネス組織   企業の窮乏 »

2012年2月 1日 (水)

小暮太一著   いまこそアダム・スミスの話をしよう

小暮太一さんの

いまこそアダム・スミスの話をしよう
目指すべき幸福と道徳の経済学

最初は分厚い本に敬遠したのですが 読んでみると 字も若干大きくて
わかりやすく アダム・スミスを解説してくれる一冊です。

アダム・スミスの著書 「道徳感情論」「国富論」など 気づくと
タイトルからのイメージ想起が強烈で、新自由主義をみまがうばかりの
思想をイメージしたのですが

本来、アダム・スミスがどのように話しているかを丁寧にわかりやすく
解説してくれています。

おそらくアダム・スミスを、この本を参考に僕なりに解釈すれば

健全な思想で経済を回していこう!となるのかなあ などと思いました。

その経済を独立した学問にしてくれたのも アダム・スミスの大きな貢献でもあります。

« たざわ湖スキー場のビジネスモデル変革 | トップページ | ソーシャル・ネットワークとビジネス組織   企業の窮乏 »

ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/53873945

この記事へのトラックバック一覧です: 小暮太一著   いまこそアダム・スミスの話をしよう:

« たざわ湖スキー場のビジネスモデル変革 | トップページ | ソーシャル・ネットワークとビジネス組織   企業の窮乏 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本