« 頭と心と体 - うつに向き合う前に- | トップページ | アートの流動性 »

2011年12月21日 (水)

さいごの色街 飛田  井上理津子 著

ブログでどう紹介していいのか・・・

飛田(とびた)と聞いて わかる方もいれば、そうでない方もいると
思うのですが

よくぞ本にしたなと感心せずにはいられない

フリーライターの井上理津子さんが書いた 「さいごの色街 飛田」筑摩書房

これはすごいです。よくぞ出版に踏み切られたとも思いますが、
逆にこのくらい 赤裸々に書いておかないと身すら守れないのかもしれません。

戦争ルポとかそういったジャンルではないけど、静かに ずっしり でも案外
そこに暮らす人にとっては何気ない日常でありながら 普段は語られない
世界を 時間をかけて取材して しっかりと描いています。

なかなか僕自身は接点を持たない世界なので好奇心から読んではしまいますが、
眼を閉じることなく現実をとらえていて、しかもわからなかったり、想像を
するしかない部分はそのように正直に書いているし、テーマとは反対に
とても新鮮なルポとも読めました。

それにしても、性を扱う街での、人間の 生 のすごみのようなものだったり、
やるせなさのようなものを 幾重にも感じます。

それはその街にどのように関わるかによっても違ってくるのだけど、
女性が夜の世界の女性の物語を発掘していくなかで、男性にも女性にも
客観的な位置から淡々と事実を表現をされていて 労作だったと思います。

« 頭と心と体 - うつに向き合う前に- | トップページ | アートの流動性 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

民俗学・社会学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/53531916

この記事へのトラックバック一覧です: さいごの色街 飛田  井上理津子 著:

« 頭と心と体 - うつに向き合う前に- | トップページ | アートの流動性 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本