« 理想の金曜日 | トップページ | アーユルヴェーダハウス 大平悦子著 »

2011年8月25日 (木)

東京下町の今と昔

この前、写真美術館で 鬼海さんの 東京ポートレートを
観た余韻で

東京都の下町の昔と今が 同じ場所を撮影して対比している
写真集をみつけました。

下町や東京昭和遠ざかる 村岡秀男・撮影

この写真集では、お近所が写されている・・・という
発見からはじまり、こんな風に路地があった下町が
今では・・・といったことがわかったり

あの細い道が こんなに 今は立派になっているんだ
という感想だったり

いろいろと発見があると同時に

ずいぶんと人は、短い時間の間に
町の姿を変えてしまったんだと その事実に驚きました

街は呼吸しています。
その呼吸の早さ以上に、人間のほうが町を作ってしまった
ように感じます

« 理想の金曜日 | トップページ | アーユルヴェーダハウス 大平悦子著 »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/52560642

この記事へのトラックバック一覧です: 東京下町の今と昔:

« 理想の金曜日 | トップページ | アーユルヴェーダハウス 大平悦子著 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本