« 鈴木大拙著 東洋の心 | トップページ | 一新塾の本 »

2011年6月 4日 (土)

恋愛経済学 勝間和代著

勝間和代さんの 恋愛経済学 を読んでみた。

まあ たとえば 女性セブンとか 週刊女性とか きっとそうしたものを
何十冊か読んで感想文としたら このくらいの本にはなるのかもしれない
と思いつつ

ちゃんと ご自身の意見を書いていること さすがだなあと思いました。

この本につらぬかれているのは 自己責任だよ ということで
誰かのまねではなくて 自分の人生だから自分で考えて 自分の力を活かして
サバイバルを生き残ろう! といった感じのメッセージがしるされていると
思います。

勝間ブームのようなものもあって、一世風靡したおかげで 逆に
今を生きる人は冷静に 自分の人生を見つめることができるようになった
のではないでしょうか?

踊らされてもいけないし、何よりもその自己責任の最後のPDCAは
最後に死ぬ時なわけで、生きてる途中の人が そうそう自己責任なんて
言っても それは まあそういう意見 という程度に聞くことが一番なのでは
ないかと思います。

同様に、人間は誰も その中途半端な存在でありながら、他人に
自己責任だよ・・・なんて偉そうにお説教しても、かなりむなしい存在かとも
思います。

これは勝間さんがどうこうというのではなくて、あくまでも読書の延長で
考えたことなのですが。

一方、誰にでも自分の人生に対しての責任はあります。
自己責任とは言わないけど、自らの行為の結果がそこに起きることも当然の
理です。

それを放棄しても、そこから逃げてもいけない。
だからこそ、人間には思想するという行為が残されている。
そうして、折り合いをつけて一日を過ごすことができるようにできている。
そのようなことを考えました。

« 鈴木大拙著 東洋の心 | トップページ | 一新塾の本 »

恋愛」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/51847935

この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛経済学 勝間和代著:

« 鈴木大拙著 東洋の心 | トップページ | 一新塾の本 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本