« アクティブシニアを考える | トップページ | 日常系アニメ ヒットの法則 »

2011年6月16日 (木)

ティナ・シーリングの 20歳のときに知っておきたかったこと

変にぎらぎらしていない成功哲学の本

20歳のときに知っておきたかったこと
スタンフォード大学集中講義

ティナ・シーリング 著

人間は2つのタイプに分かれる。
自分のやりたいことを誰かに許可されるのを待っている人たちと、
自分自身で許可する人たち。
(中略)
私の経験からいえば、誰かがチャンスをくれるのを待つのではなく、
自分でつかみに行った方が良い面がたくさんあります。

***

成功している人は、自分自身を成功に導く道を見つけだしているのです。
何か秘訣があるわけではないし、密約があるわけでもないし、魔法が
あるわけでもありません。
そのときどきのトレンドに目を向け、自分のスキルを活かして、
影響力を強化している。

« アクティブシニアを考える | トップページ | 日常系アニメ ヒットの法則 »

ビジネス」カテゴリの記事

思想・哲学」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/51955920

この記事へのトラックバック一覧です: ティナ・シーリングの 20歳のときに知っておきたかったこと:

» 一文無しから大富豪になる方法 前編 [一文無しから大富豪になる方法 前編]
 彼は、実家の没落のため、中学さえ卒業できず、12歳から絹織物工場に勤めていた。このときの月給は、5ドル足らずだった。客観的に見て、彼はこのまま、その他大勢の労働者と同様、貧しい一生を送る運命にあった。 が、彼はわずか16歳にして30ドルもの月給を得るようになり、実家の借金を完済したばかりか、両親に家をプレゼントしている。 さらに、24歳でペンシルベニア鉄道の管理局長に昇進、株式投資にも成功... [続きを読む]

« アクティブシニアを考える | トップページ | 日常系アニメ ヒットの法則 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本