« つながり進化論 | トップページ | 日本の香り »

2011年5月 2日 (月)

わかりやすいドラッカー

僕は マンガでわかる○○というのが 苦手なのですが・・・
とくに幻冬舎から出ているシリーズ

明日香出版社から出ている

津田太愚 著
ドラッカーのマネジメントがマンガで3時間でわかる本


とても わかりやすかったです。
例示に使われているマンガも適切で、参考になると思いました。

●『経営者に贈る5つの質問』
 1 企業の「使命」は何か?
 2 顧客は誰か?
 3 顧客にとって価値は何か?
 4 企業の成果は何か?
 5 何を計画すべきか?

●事業の前提条件
 1 環境(社会の動きなど)
 2 使命(何が最大の使命か)
 3 卓越性(強み)

 → 何を行い、何をやめるかが重要

●最適な事業の条件
 1 企業の使命に情熱をもって取り組めるか?
 2 自分が「世界一(卓越性)」になれることは何か?
 3 経済的原動力(環境や条件)は何か?

●未来は予測できない。経済活動の本質はリスクを冒すこと。
●もっとも合理的な意思決定を行うことが重要。

●知識労働者の生産性を上げる6つのポイント
 1 仕事の目的をメンバー各自が考える
 2 働くもの自身が、生産性の責任を持つ
 3 継続してイノベーションを行う
 4 自ら継続して学び、人に伝える
 5 量より質だと理解する
 6 コストではなく、資本財と理解する

●部下など存在しない。すべてが同僚だ。

●コミュニケーション → 情報を発信しただけではだめ。受け手に到達する必要あり

●知識労働者は組織に依存しない

●変化のポイント
 1 製品やサービスの継続的変化
 2 新しい適用方法の開発
 3 組織自体のイノベーション

●イノベーションの7つの要素
 1 予期せぬこと
 2 ギャップ
 3 ニーズ
 4 構造の変化
 5 人口の変化
 6 認識の変化
 7 新知識の獲得

●自分の強みを知るためにはフィードバック分析が必要

●他人の仕事をばかにする状況→ 知的傲慢 → フィードバック分析 でこれを戒める

●トップの「べからず集」(職務設計における注意点)
 1 職務を小さくしすぎてはいけない
 2 単なるナンバー2を作るな
 3 部下の仕事を撮るな
 4 忙しすぎてはいけない
 5 余計なポストを作るな
 6 部下に危険な仕事をさせるな

●人材開発 → マネジメントは人の強みを発揮させること
 1 能力開発セミナーは当てにはならない
 2 マネジメントは人材探しではない
 3 性格に対してとやかくいうのは権力の乱用だ

« つながり進化論 | トップページ | 日本の香り »

ビジネス」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/51495852

この記事へのトラックバック一覧です: わかりやすいドラッカー:

« つながり進化論 | トップページ | 日本の香り »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本