« 子どもの貧困を考える | トップページ | 頭のよい子の家にあるもの »

2011年5月18日 (水)

野呂邦暢の白桃

長崎にいた小説家で 芥川賞の受賞者でもある 野呂邦暢 (のろくにのぶ)

この人の短編小説を みすず書房から出ている「白桃」にて読みました。

プロフィールを読むと その経歴は面白くて、いろいろな職業を経て
自衛隊に入ってみたりと どんな人だったのだろうと想像もふくらみ
ますが、


文体は簡潔で、そして 読んでいると 情景のにおいが伝わって
くるような そのようなものを感じました。

ただ、そのにおいを自分が作りすぎてはいないか、あまりにも
その世界に入ってしまっていて、小説家が描きたいと考えた
情景とあまりにも乖離はしていないだろうか
そんな恐れすら感じます。

でも それほどに深い体験を味あわせてくれる。
それはそれで醍醐味だと思います。


« 子どもの貧困を考える | トップページ | 頭のよい子の家にあるもの »

小説」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/51708100

この記事へのトラックバック一覧です: 野呂邦暢の白桃:

« 子どもの貧困を考える | トップページ | 頭のよい子の家にあるもの »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本