« 空想が自分を救う | トップページ | マイケル・J・フォックスの贈る言葉 »

2011年4月20日 (水)

秩父事件のこと

出身が秩父にも近いので 名前だけは知っている 秩父事件ですが、
明治17年(1884年)に秩父地方でおきた農民蜂起

秩父事件の研究をライフワークにされている 倉田次郎さんの
「秩父事件に迫る」をめくりながら


この本は 本当に詳しく 農民たちの動き 警察や官軍の動きが
調べられて書かれています

そして その末尾に蜂起に加わった参加者たちの名前と
処罰のリストが収められているのですが、これから現実に起きたことの
凄まじさを想像しました。

そして、こうした行動の成果として、いまの民主主義がある。
そのようにも言えると思いました。

秩父事件について詳しく紹介されているサイト


秩父事件研究顕彰協議会
http://chichibuziken.web.infoseek.co.jp/

« 空想が自分を救う | トップページ | マイケル・J・フォックスの贈る言葉 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/51440256

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父事件のこと:

« 空想が自分を救う | トップページ | マイケル・J・フォックスの贈る言葉 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本