« 萬画館ガンバレ! | トップページ | 五木寛之と梅原猛の対談集 「仏の発見」 »

2011年4月 2日 (土)

怒りをコントロールする、怒りを乗り切る呪文

「怒りのセルフコントロール
―感情への気づきから効果的コミュニケーションスキルまで―」

マシュー マッケイ
ピーター D ロジャーズ
ジュディス マッケイ

この本によると怒りには2つの種類があるそうです。
自分に向けられるものと 他人にむけられるもの
そして どちらの怒りも原因は自分にあって
コントロールすることで より幸せになれる
それは 怒りがもたらす不利益よりに比べて
よりよい人生へのステップとなる
そういうことが語られ またそのためのレッスンがわかりやすく
書かれています

その中で、やりやすいと思ったのは 2つ

1つ目は、「怒り日記」をつけること
ノートを1冊買って、24時間で怒った回数、一番怒ったときにどのような
攻撃的行動をとったかといったことを数値で示す。

2つ目は 怒りに襲われたときに 次の乗り切り呪文の 1つか2つを
唱えてみるというものです

1、私は、私たちの間に起こることに責任がある。
2、責めてもしかたがない。新しい方法を試そう。
3、これについて私は何ができる?
4、今の方法をつかっている限り、これ以上のサポート、援助、思いやりは、得られない。
5、自分にとって利益になるようにしてやらねば、人は変わらない。
6、この状況で、相手を変えるために私は何ができるだろう。
7、私には気に入らないかもしれないが、この人にとっては最善の問題解決策方法を用いているのだ。
8、誰もが、自分自身のニーズの面倒をみる責任がある。
9、私の選択肢は、順応するかあきらめるかだ。
10、被害者となるのは子供だけ。私にはいつも選択権がある。

この10の呪文 なかなか 怒り の本質を表していると思います。
自らを見据え、達観し、あきらめを持ち、選択をおそれない。

これに 生きる知恵 みたいなものが 加わったらいいのかなあと
感じる部分もありますが、

もし、いま怒りを感じている方がいたら 試されてはいかがでしょうか。

« 萬画館ガンバレ! | トップページ | 五木寛之と梅原猛の対談集 「仏の発見」 »

心と体」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/51277910

この記事へのトラックバック一覧です: 怒りをコントロールする、怒りを乗り切る呪文:

« 萬画館ガンバレ! | トップページ | 五木寛之と梅原猛の対談集 「仏の発見」 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本