« 障害を持つ子供と共に過ごすということ | トップページ | 学校の危険を減らして 防災上の拠点に »

2011年3月20日 (日)

ACジャパン(旧公共広告機構)のCMをみながら・・・ 

地震の影響で 民放をみていると たくさんの公共広告機構のCMを
みることができる

気になって WEBサイトをみてみると 公共広告機構の名称自体は旧称で
ACジャパン社団法人ACジャパン (英文名 ADVERTISING COUNCIL JAPAN。略称「AC」)
が正式名称と知った。

■ACジャパン
http://www.ad-c.or.jp/index.html

「広告を通じてさまざまな提言を発信し、住みよい市民社会の実現を目指す民間の団体」


ACの広告の質は悪くないし、たくさん流れているとことも悪くない
さすが広告の団体が作るだけあります。
ただ 同じCMや 似たテイストのCMが多くて 苦情が多いのかと思う。

権利の問題もあるかもしれないが、時節に適したものであれば
過去のCMや 学生が作った(そういうコンテストをしている)CMを流すなど
もう少し工夫をしてもよいかとは感じる。

せっかくだから、公共広告の実験的な取り組みを たくさん試してみたら良い。

それともうひとつ
普段、これほどCMを観ていたのか・・・と こんなにCMの枠があったのだ
ということに気づき、そもそも民放のテレビ番組を放送時間とオンタイムで
観てしまうことの ムダ を感じたりもした。

手をかえ 品をかえ ではないが、様々なCMがいかに努力して制作されていて、
普段、視聴者を飽きさせないかがわかる。

また、こうした状況の中で、テレビ局のほうも、ちゃんとCM枠は残して番組を
編成しているのだから、これもスゴイ。

今回の震災は、メディアのあり方自体も問い直しているのかもしれません。

« 障害を持つ子供と共に過ごすということ | トップページ | 学校の危険を減らして 防災上の拠点に »

広告・セールスプロモーション」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

東日本大震災/原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/51166133

この記事へのトラックバック一覧です: ACジャパン(旧公共広告機構)のCMをみながら・・・ :

« 障害を持つ子供と共に過ごすということ | トップページ | 学校の危険を減らして 防災上の拠点に »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本