« 被災地にランドセルを送ろう! | トップページ | マクロとミクロ その両方の視点から  世界1月号の原子力特集を読んで »

2011年3月28日 (月)

この国と放射能

とても皮肉と言うか 悲しいというか 天を仰いで悔やむというか
なぜ 被爆国のこの国で 多くの人が長く放射能の健康被害を抱えて過ごす方々がいる
この国で、また、このような事態になってしまったのでしょうか

このようなことを為政者が口にはできないでしょうが、いまこそ 一人の人間が
人間の思いを吐き出して その上で考えるということが必要なようにも感じています
もう十分に大切なものを失ったのです。それらにはじぬようにと思います

今回の惨事は、戦争と違って 地震による津波のせいで原子力発電所の設備を
壊してしまったわけで いたずらに責任論を振りかざしてもしかたないように思うのだけど
それにしても この小さな列島で なぜ と思います

もし共通することがあるならば 資源に恵まれない国の焦りのようなものが、時に冷静な
判断を迷わせてしまったり、資源が作る豊かさに依拠した暮らしの中にいる疲れのような
ものにとりつかれている状況であるということなのかもしれません。

原子力発電自体は、環境への負担を少なくし、またこれほどに増えた電力需要への
解として大きな役割があり、それをすべて否定してよいか迷いもありますが、
ですが、どこか行きすぎた産業政策であったようです。

我々は あの戦争から何を学び、そしてどのように活かしてきたのでしょうか。
あの時失った 生命から何を学び、そして何をしてきたのでしょうか
そして、今、改めて我々は放射能と対峙しています。

我々は、いつも放射能に出くわすたびに、目を覚まして何かを考える
そんなふうになってしまったら、とても悲しいです。

戦争からの復興が間違っていたとは思いません。
多くの人の努力の結晶と思うし、その恩恵を受けていると感じます。

しかしながら、手にできた富も時がたてば、形がかわっていくことに
気づくべきたったかもしれません。

それは、今起きている惨事に対しても、復旧・復興と言って、ただ
開発をして、もとに戻すのではいけないことと同じです。

多くの命が津波にさらわれました
日ごとに増える新聞の死亡欄をみなくてはならい日常
そのお一人おひとりに対して はずかしくない選択をしていきたい
そのように感じています。


追伸:
放射能の被害について悪戯に語ることもいけないと思いますが、
両論を読むべきと思います。

たとえばニュースに出てくる専門家たちについても、これまでどの程度の
研究費が関連する企業から提供されているかも含めて報道され、
どのような役割を担ってこられたかについて冷静に見極めるべきでしょう。

そこで、放射能の健康被害についてかかれた著者の紹介です。


・チェルノブイリの子どもたち M. カーター
 

・原子炉時限爆弾 広瀬 隆


・ジョン・ウェインはなぜ死んだか 広瀬 隆

 

« 被災地にランドセルを送ろう! | トップページ | マクロとミクロ その両方の視点から  世界1月号の原子力特集を読んで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

東日本大震災/原発事故」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/51235166

この記事へのトラックバック一覧です: この国と放射能:

« 被災地にランドセルを送ろう! | トップページ | マクロとミクロ その両方の視点から  世界1月号の原子力特集を読んで »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本