« 国土地理院、被災地の空中写真公開 | トップページ | リュックサック »

2011年3月15日 (火)

都知事選について思うこと

こんな時期ですが 石原都知事が出馬を決めました
会見を拝見していると、首都圏の知事どうしが
オーナーズクラブのように寄り合いをして
その椅子を譲り合うような 奇異な風景を感じました

その後の石原都知事の天罰発言にしてもしかりですが

「津波をうまく利用して(日本人の)我欲を一回洗い落とす必要がある。
これはやっぱり天罰だと思う」

天罰が必要なのは 被災者ではなくて 石原氏であったり
そのファミリー政治家ではないのか と思わずには
いられませんでした。

少なくとも石原都知事においては
今後、どのような職業にあろうと、彼自身が行ってきた
政治判断の責任を自ら明かしていくことは
求められると思いますが・・・

もうこの国には、職業としての政治家を食べさせるほどの余裕は
ないのではないでしょうか

もっと ボランタリーで 使命感をもった政治を担う人材が
必要で、おそらくそうした人材は 石原氏の言葉を借りれば
その天罰が起きた地において 新たな産声をあげているように
思います

普通の市民が 知事職や首相になってもよい
そのくらいのレベルに この悲惨な状況を経て 民主主義を
改めて構築していきたい

そのように考えています

« 国土地理院、被災地の空中写真公開 | トップページ | リュックサック »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/51125956

この記事へのトラックバック一覧です: 都知事選について思うこと:

« 国土地理院、被災地の空中写真公開 | トップページ | リュックサック »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本