« グローバルプレイヤーとしての日本 | トップページ | 掛けたくなる軸(山口智子著)を読んで ガラスペンが欲しくなった »

2011年2月 6日 (日)

藤巻幸夫さんがすすめる街歩き

街歩きには いろいろな発見がある。それをビジネスに役立つ形で本にしてしまうのは
藤巻幸夫さんのすごいところかもしれない。

ビジネスパーソンの街歩き学入門

この中で、おしゃれな女性の後をついていくと素敵なお店をみつけることができるとか
経験からでないとわからないことがふんだんに紹介されていて、逆に最近、
僕自身はあまり街を歩いていないなあとつくづく考えさせられた。

人間のもっている常識なんて 実はとても狭くて、いくら本を読んだり、ネットで調べても
その範囲は限られてしまうし、来るものを待つだけでなく、動いてみて 欲を言えば
本書でも書かれているように 目的を定めてしまって近視眼になるよりは
遠くも近くも等しく見てしまうような眼で世の中を観察すると面白いのだろうと感じた。

また一方で、その街歩きから感じることの感度を上げるための知識も欠かせないことを
教えてくれてもいる。参考になった内容を以下にメモ・・・。


■人の7つの欲求
  基本欲求 衣・食・住 + 付加価値的な欲求 遊・知・健・美
  → ファッションビルには上記すべての欲求がつまっているとのこと

■都市型商業施設のテナントごとの客入りで世の中の今の需要がわかる

■お店の判断 → 5メートル離れて見る
 ・5メートルはなれて お店全体をみる
 ・問題なければ 近づいてみる
 ・自分の視点、他人の視点、子供の目線、身長ごとの目線

■生き残る高級ブランドの共通点
 ・ストーリー、ヒストリー、フィロソフィー


なかなか 面白い本でした そのほかにも マイ公園・マイ庭園を持つとか
リラックスできるカフェをもつ といった 日常に工夫されていることが
おしみなく書かれていて 面白かったです。

« グローバルプレイヤーとしての日本 | トップページ | 掛けたくなる軸(山口智子著)を読んで ガラスペンが欲しくなった »

ビジネス」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/50787163

この記事へのトラックバック一覧です: 藤巻幸夫さんがすすめる街歩き:

« グローバルプレイヤーとしての日本 | トップページ | 掛けたくなる軸(山口智子著)を読んで ガラスペンが欲しくなった »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本