« ランドセルと伊達直人 | トップページ | 電通とリクルート »

2011年1月18日 (火)

シンプルに生きる  ドミニック・ローホー著

断捨離の関連本ともいえますが、

ドミニック・ローホー著、原 秋子 翻訳の

「シンプルに生きる―変哲のないものに喜びをみつけ、味わう」

とてもおすすめです。

簡単に読めてしまう本なのですが、シンプルな生活の基本が書かれていて
人生のバイブルのように感じます。

例えば 家事用の洋服は2揃以上 持たない とか、
大切なものは 写真にとって記録しておく とか、もちろん何でもかんでも
捨てればいいというのではなくて 本当に必要なものと 捨てるべきものを
自らが持つ 本当の眼で見極めて 行動する といったことが本質に
書かれているのですが まこと その通りと思います。

例えば、何かを残しておこうとする気持ちの中には、どこかヨコシマな部分があって
その想いに足を奪われて 逆に身動きがとれずに チャンスを逃すことになったら
もったいないですよね

逆に どうしても自分が使いたいと思うものは 高くても手に入れて
それを使い続ける

人間の人生、それは自らが結果的に選ぶものなので、シンプルだけを推奨する
わけではないのですが、この本を読むと とても納得がいきます

また、ただ ものを捨てるとかではなくて 時間の楽しみ方などにも
よいアドバイスがたくさんです

とくに 我武者羅に成功を目指すというのではなくて 誰もが同じ人生の器を
もっていることを理解して その上で そのひと時を深く楽しむための
エッセンスが語られていて なるほどと思いました

そのエッセンスから考えると、もし、今、退屈しのぎのように いくばくかの時間を
過ごしてたとしても、その時間すら大切な宝物のように感じさせてしまう
と思います。

優しい語りかけから 大きく人の人生を変える
そんな魅力がこの本には詰まっています


【ドミニック・ローホーのシンプル主義37カ条】
--------------------------------------------------------------------------
01 嫌なことは引き受けない
02 ものを処分したり他人にあげたりすることを罪悪感を抱かない
03 洗面所に香水サンプルを置かない
04 自分の家が火事になったと想定し、まず何を買うべきかリストを作ってみる
05 その場合、買わなくても済むものリストアップする
06 好きなけれど一度も使用したことの無いものは、写真を撮っておき、処分する
07 自分の経験を自分の欲求に照らし合わせた上で迷いが出るものは捨てる
08 1年間、1度も使わなかったものは捨てる
09 「大事なもの以外なにもいらない」をおまじないにする
10 「少なく」が「多く」をもたらすことを現実に実感してみる
11 欲求と必要の違いを区別できるようにする
12 自分にとって、必需品であると信じていたものがなくても、どれだけ「もちこたえられる」かを試してみる
13 可能な限り物質的なものを排除する
14 場所を移動させただけで「片付けた」とは思わない。
15 「愛する者を排除するのでなく、幸せのために、役にも立たず、貢献もしないものを排除するのだ」
   と自分に言い聞かせる
16 取り換えのきかないものはないということを肝に銘する
17 とっておくものの数を決める(スプーン・シーツ・靴など)
18 それぞれの物の置き場所を決める
19 空き箱、袋、空きビンなどを溜め込まない
20 家事作業を行うときの服は二揃い以上もたない
21 大事な書類、文房具や紙、領収書、地図、カセットテープやDVDなど、
行き場の無いものを整理する戸棚を一つ用意する
22 ひとつひとつのものを、必要かどうかチェックする
23 常に「どうしてこれをとっておくのか?」と自問自答してみる
24 泥棒が入ってもとっていくものがないようにしておく
25 過去の買い物の失敗にとらわれない。それを捨てることで過ちをあがなえばいい。
26 自分の所有物を試しにすべてリストアップしてみる
27 すでに排除したもの、捨てて公開しているものもリストアップする
28 たとえそれが、思い出の品であっても、自分をイラつかせるものから自分自身を
開放しなければならない、と自分に言い聞かせる
29 良いものを良いものと交換することを躊躇しない
30 二流の選択を決して受け入れない。自分の住環境を構成する要素一つ一つが、
   より完璧な状態に近づくことで平静さを得られる
31 手元にお金があるときのみ買う
32 住まいが生き生きしている状態の中に変化は訪れる
33 品質の良さを長年示してきた伝統的なものを信用する
34 これ以上段取りできないところまで段取りする。他はすべてカットする
35 関わっている様々な活動の数を減らす
36 新規に購入するものは、かさ、重さ、大きさにおいて小さいものにする
37 余計な装飾品は捨てる


ドミニック・ローホー 略歴
---------------------------------------------------------------------------------
フランス生まれのフランス育ち。パリ、ソルボンヌ大学においてアメリカ文学の修士号を取得。
イギリスのソールズベリーグラマースクールにおいて一年間フランス語教師として勤務した後、
アメリカのミズーリ州立大学、日本の仏教大学でも教鞭を取る。
ヨーガを習得。日本在住歴は30年。その間、飛騨雅子と萩原麻美に師事し、10年にわたり
“墨絵”を学ぶ。さらに名古屋にある愛知尼僧堂と呼ばれる禅寺に6週間篭り、曹洞禅をも学ぶ。
フランス国内をはじめ、ヨーロッパ各国で著書はベストセラーとなっている。

« ランドセルと伊達直人 | トップページ | 電通とリクルート »

★★★―大切にしていきたい本」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/50619760

この記事へのトラックバック一覧です: シンプルに生きる  ドミニック・ローホー著:

« ランドセルと伊達直人 | トップページ | 電通とリクルート »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本