« 七福神巡り(品川旧東海道) | トップページ | ランドセルと伊達直人 »

2011年1月10日 (月)

ランドセル

いまごろですが 息子のランドセル選びをはじめました
幼稚園のお友だちの家では どんなのを買った、どこで買ったとお話もきくようになって
ちょうど 私立・公立と 行き先がわかりだしたこともあり
まあ うちは 最初から公立なので ランドセルは自由に選べる方なのですが
さすがに遅いかなあ・・・と

ネットで調べてみると おもに 工房系というか自社で製造しているところとしては

・トヤマ(前橋)
・土屋(西新井)
・牛田(関西)
・池田(静岡)
・中村(足立区)
・スドウ(葛飾区)

などがあり、本革とクラリーノ の両方があります。
日本の皮革業の分布を調べているような雰囲気もありますが
これらのお店のサイトでも通信販売されていて それぞれ 特徴が面白いです

・おおば(足立区)・・・宮内庁御用達 だけあって頑固な感じ。サイトの雰囲気も頑固な感じ。
             品物はよさそうで、根来なラインもある。
・トヤマ(前橋) ・・・ 群馬で有名らしくさらに全国的にも有名。サイトづくりは普通。価格は比較的安い。
・土屋(西新井)・・・ 評判もいいようだけど高い。製品以上にサイトや経営がそもそもデザインを重視
             しているようで、その効果が良いほうに出ている印象。
・牛田(関西) ・・・ 正直なつくり。サイトも。通販は安く設定されていて そのための努力などもしっかり
            説明されている。このため品質も良いと思われるが、もう少し細部の画像などがあれば
            それが伝わりやすいはず。大手百貨店に卸している様子がうかがえる。
・池田(静岡) ・・・ 静岡で有名らしく。銀座にも店舗を開設。他社との違いが明確で本当に?とは
            思うけど サイトも自然な感じ。実直な企業姿勢が感じられる。
・中村(足立区)・・・ ここも実直なものづくりを感じる。値段が高い感じがせず誠実な雰囲気。
             すでにほとんどが売り切れで、消費者からの信頼感もうかがえる。
             足立区からの表彰なども紹介されていて安心感を与える。
・スドウ(葛飾区)・・・ 総革のランドセルの割には価格は良好。もうひとつこだわりが感じられるサイト
              とは言い難く主張がよくらからない。

あと大手なのだと思いますが、天使の羽根 のセイバン や ナイキなどのブランドランドセルも
展開している マツモト や フィットちゃんの ハシモト などがあります。

といっても これらの企業もCMなどで耳にするから大手と感じても 実際の資本金額でみれば
大きな企業ではないし そのこと自体は企業を守る意味で必要なこともあるので
一概には言えませんが よくある中小企業といった感じです

上記のお店の工房系については、おそらく百貨店用のモデルなども製造していて
それらが百貨店にもならんでいると思いますし、大手メーカーのものは、スーパーや百貨店などに
並んでいるようです

銀座の三越をみてみると 牛革で5万円台~ クラリーノ素材でも 高級ラインなので やはり
4~5万円といった感じで 傷に強いなどの理由で クラリーノ素材が良ければ 大手スーパー
のほうが 同じ品物を そろそろ安く売り出しているのでお手頃かと思いました

革については、工房系のサイトなどで研究してみると 百貨店の「のれん」で買う訳ではないと
改めて感じたのですが、直接 各工房のこだわりや 工夫しているところを聞いて、
作り手がわかるもののほうが 良いように思うので 逆に ●●屋オリジナル といった
商品には 手が届きにくいなあと 僕は思いました。

これは おそらく いままでの 百貨店のビジネスが成立していたのは 「のれん」による
品質保証と合わせて、 そこにすべて良いものが集まっているという物理的な利点があって
今の時代のように 必要な情報を まったくこの業界に無知な人間が ネットを駆使して
いろいろと情報を集めてしまうような時代になると その存在意義は 商品によってではありますが
異なるのではないかと思いました

それでも やはり デザイン面では 百貨店に卸されているもののほうが、雰囲気がよくて
デザインのディレクションなどで 百貨店が果たしている役割も大きいのだろうと勝手な
推測もするのですが

結局、工房側も 客層にあわせて、直接 売ったほうがよいと思われる層と
百貨店で売ったほうが よいと思う層などが わかれているはずなので ちょっとした違いを
つけながら 商品カテゴリーを調整していくことが欠かせないのではないかと思いました。

さて こんなことを 書きながら 息子にどこで 買おうか ・・・ 迷い続けてます。
懐の事情だってあります。そんなに高いお金を出すなら もっと子供にしてやりたいことは
あるし・・・ 

近所のスーパーでは 3割引 とか やりだしたし、 工房系のほうは 受注生産のため
そろそろ注文を締め切るなんてアナウンスが出てました。

さてさて どうするか・・・

そんなことを 思いながら 自分が 小学校に入学するときに
なくなった母方の祖父と 町にある鞄屋さんに行って ランドセルを買ってもらったことを
なんとなく覚えていて それがすごくうれしく 今になっても残ってる大切な記憶なので
祖父母と一緒とはいかなくても
子供をどこか店に連れて行って 選ばせるくらいのことは してやりたいと考えています

学校に行くこと 勉強すること 学ぶこと そのことがすべて 良いことであることを
受け入れられるように 6年間を一緒に歩むランドセルとの最初の出会いの場を
大切にしてやりたいです。

我々は つい 便利に ネットで物品調べたり、購入をしてしまいますが、
一方で その物品との出会い方なども配慮して やりたいと考えてします。

« 七福神巡り(品川旧東海道) | トップページ | ランドセルと伊達直人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/50552105

この記事へのトラックバック一覧です: ランドセル:

« 七福神巡り(品川旧東海道) | トップページ | ランドセルと伊達直人 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本