« 当たり前を当たり前に | トップページ | 茶の湯とキムチ<日本と韓国> »

2010年12月 2日 (木)

プラットフォーム戦略

NTTドコモで「おサイフケータイ」に携わった
平野敦士カール氏の著書「プラットフォーム戦略」

読んでいて 当たり前に賢いのですが すごいと思いました

小生も仕事がら、プラットフォームの構築とか いつもどこかで
考えているはずなのですが 体系化されたものに触れると
よい刺激を受けます

◆勝てるプラットフォームの3つの特徴
1、自らの存在価値を創出する
2、対象となるグループ間の交流を刺激する
3、統治する

◆メーカー発想とプラットフォーム戦略発想の違い
 → 将来の市場の拡大を予想してそのリスクをとれるかどうか

◆プラットフォームの横暴に注意
 → プラットフォームに参加する前に自社のプラットフォーム戦略を構築すること


« 当たり前を当たり前に | トップページ | 茶の湯とキムチ<日本と韓国> »

ビジネス」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/50186988

この記事へのトラックバック一覧です: プラットフォーム戦略:

« 当たり前を当たり前に | トップページ | 茶の湯とキムチ<日本と韓国> »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本