« 外交官と話していて・・・グローバリセーションを考える | トップページ | 光の学校 »

2010年12月 5日 (日)

坂の上の雲をみていて 豊後竹田のこと 懐かしくなりました

NHKの坂の上の雲をみていて ロシアに駐在していた広瀬武夫のことが
中心に描かれていて

昔、少しだけ 九州に仕事で滞在していたときに 東京に帰る前に
お別れの会を 豊後竹田で 開いてくださる方がいて

その時に 広瀬神社 や 滝廉太郎の記念館、岡城を巡ったことが
思いだされました

たぶん このブログに 以前も書いてはいるのですが
最後、電車で帰る時に ホームにいる夫婦に 改札前から
皆さんが 荒城の月 を歌ってくださったり

いまは東京で なかなか会えない方々に
そして 時間もだいぶたって 少しからず いろいろな変化が
あるのでしょうが それでもなお、やはりあの時の笑顔や
様子が いまでも よみがえってきます

ちょうど 広瀬少佐が ロシアを離れるときに 荒城の月が
登場して、史実はわかりませんが その部分も重なりました

あのあと、どんなふうに当時の住まいに帰ったか
いまではもう よく覚えていないのですが
あの時に みなさんと一緒にいたこと 歩いた道のり
岡城のこれから咲くであろう桜のつぼみたち 夕暮れ

いろいろなものが 浮かびます

幸い、近くにそのときご一緒した方が いらっしゃるし
本当に恵まれていると思うのだけど

久しぶりに 大分のほうにも 旅したいと思いました


追伸:人生は誰かと日々つるむようなこともあるけど
    たった数回しか 数時間 一瞬でも そのわずかな出会いで
    心の記憶にいつまでも 残るものもあります
    できれば そんな一瞬を 多くの方と共にできたなら
    それがうれしいなあと感じています

« 外交官と話していて・・・グローバリセーションを考える | トップページ | 光の学校 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 たまたま通りかかった外人です。
追伸の部分が非常に面白くてコメントしました。
good

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/50221820

この記事へのトラックバック一覧です: 坂の上の雲をみていて 豊後竹田のこと 懐かしくなりました:

» 坂の上の雲 第6回「日英同盟」 [あしたまにあーな]
約1年ぶりの再開となりました坂の上の雲で、時間が空いてしまったことのフォローとしてNHKもゴールデンタイムを使って昨年の再放送を繰り返していました。自分もすべてを見ることができませんでしたが。頭を龍馬伝から少しずつ変えることができ第2部の初回を迎えます。 第1部で秋山好古、真之、正岡子規の3人の松山からの生い立ちとそれぞれの進む道について語りましたが、第2部ではすでに3人の道は全然違ったものとなっているためお互いの絡みはほとんどありません。なので、第2部からの見方としては3人のつながりというよりも出... [続きを読む]

» スペシャルドラマ「坂の上の雲」第二部「日... [徒然”腐”日記]
始まりました~~「坂の上の雲」第二部6話「日英同盟」キャストあらすじなどは公式HPへ日英同盟っていうと教科書的な事しか知らんのですがロシアの勢力に対抗するために英国が”... [続きを読む]

« 外交官と話していて・・・グローバリセーションを考える | トップページ | 光の学校 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本