« BOPビジネス | トップページ | 品川の学校で何が起こっているのか »

2010年11月 6日 (土)

子育てコーチング、母親力を高める!

コーチングの講師をつとめる大石稜子さんの
「母親力」を高めるコーチング


とてもわかりやすくて、子育て以外の人間関係にも
役立ちそうな内容なので 少しご紹介です。


◆気持ちを汲んで労をねぎらう認め方
※共有コーチング研究会 山口一郎コーチ作 承認スキル「かきくけこ」

(承認のスキル)
か・・・感じたことを伝える。(頑張っていること、耐えていることを認める)
き・・・気づいたこと、聞こえたことを伝える。(子供の思いを受け止める)
く・・・工夫を発見する。(本人なりに工夫して頑張っていることを認める)
け・・・経過を観察して見守る。(プロセスを認める)
こ・・・心と行動を認める。


◆忙しい中で子供を伸ばすサポート
・手伝いや留守番に対するねぎらいの言葉で愛情を伝える。
 (時間がなくても声をかけることはできる。
  人は大切にされていると前向きになれる)
・一人で宿題に取り組んでいることを認めてあげる。
 (認められれば、さらに期待にこたえようとする
  励みになる)
・子ども自身が勉強する時間を決められるように任せる。
 (任せられると工夫して頑張ることができ、自分で
  工夫すればやりきったときに、満足感や達成感が
  生まれる)
・学習途中での間違いを責めない。
 (間違いを恐れずに試行錯誤を繰り返すと、
  自ら考え解決する力がつく)

◆学力不振で劣等感を持っている子供のサポート
・勉強の量や難易度の面から段階的に小さなステップ
 に分けてサポートする。
・ひとつひとつやり遂げたことを必ず認めてほめる。

◆人は、自分がのぞんだところに向かっている限りは、
 エネルギーを枯らすことはありませんが、
 誰かからの強制ではエネルギー切れがいつか来るように
 思えてなりません。


結構、要領を得ていると思います。
さらに、本のなかでは 大石さんが 教員やコーチングとして
経験された 実際のお話の例が多く紹介されていて

よく コーチングの本にあるような 科学とか 怪しい雰囲気
はなくて、自然と受け入れられるし、職場の人間関係といった
ものではなくて、子供のことと考えて読めるので
すごく素直に 知識も吸収できるように感じました
 
子育て とくに 学習などで 悩んでいる方に
とても役立つと思います


« BOPビジネス | トップページ | 品川の学校で何が起こっているのか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/49947467

この記事へのトラックバック一覧です: 子育てコーチング、母親力を高める!:

« BOPビジネス | トップページ | 品川の学校で何が起こっているのか »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本