« ニーチェの超人とお寺のお坊さんの説法がつながった瞬間 | トップページ | ホスピスが美術館になる日/横川善正著 »

2010年11月22日 (月)

空手の試合みてきました

子供が習い始めた空手道場の所属する団体の
空手の大会をみてきました

子供がやってる型の練習とはちがって、
本格的な 武道というか 武闘で 初めてみたのですが
プロレスやK-1とかの人気があるように
やはりすごいと思いました

空手のことを調べてみると
いろいろな流派があって、子供が習う程度の部分は
ある程度共通のものであるようですが

その細かい違いがあるようです

団体がすごくたくさんあって
その起源や歴史、現在の各界とのかかわり方などを
インターネットで調べるとおもしろいです。

この部分は、柔道のほうが やはり統一されていて
いるように感じますが

いかに極めるか、またいかに正当なものにしていくか
そうした部分に配慮されていることもわかり
組織を科学するという ケーススタディになるかと
思いました

« ニーチェの超人とお寺のお坊さんの説法がつながった瞬間 | トップページ | ホスピスが美術館になる日/横川善正著 »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/50099447

この記事へのトラックバック一覧です: 空手の試合みてきました:

« ニーチェの超人とお寺のお坊さんの説法がつながった瞬間 | トップページ | ホスピスが美術館になる日/横川善正著 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本