« N響 定期公演 アイーダ | トップページ | 国際協力のケーススタディ »

2010年10月21日 (木)

キャッシュフローの先にあるもの

最近、会計の本を読むと(わかりやすそうなヤツですが・・・)

以前に比べて、キャッシュフローを重視するようになってきた
ことが よく伝わってきます。

一方、キャッシュフローを重視した後に、何を重視するべきか
その得たキャッシュフローで何をするのか 何を守り 攻めるか
という部分で、ドラマ仕立てになっている

「ドラッカーと会計の話をしよう」林總著 は とてもわかりやすく
ドラッカーの真髄をついていると思いました。

主人公は レストランを起業した経営者で明日にはその店を
手放すという主人公で、身につまされながら読み進めると
ドラッカーが本当に救世主のように感じられます。

会計の方向からも 経営の方向からも どちらから
読んでも それらがともに 血と肉のわけで
とても勉強になりました。おすすめです。

« N響 定期公演 アイーダ | トップページ | 国際協力のケーススタディ »

★★―読む価値はあり」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/49803947

この記事へのトラックバック一覧です: キャッシュフローの先にあるもの:

« N響 定期公演 アイーダ | トップページ | 国際協力のケーススタディ »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本