« オノデラユキ 写真の迷宮(ラビリンス)へ/私を見て!ヌードのポートレイト | トップページ | 目黒美術館:遊びのなかの色と形展ークルト・ネフ & アントニオ・ヴィターリ »

2010年9月 6日 (月)

会いたい人には会えるもので

会いたい人には会えるものだと思う
そればかりを期待してはいけないけど、なんとなく忙しく
過ごしている日常に、なかなか会えない人はいるわけで
それが 偶然 会えたりするととても嬉しくなる

日曜日 家族が目黒美術館に行くと、親しくさせて
いただいているご夫婦にばったりと会った

そして、そのメールが来て、僕も急いで美術館へ

もともと午後は家族と一緒の行動をしようと思っていたので
目黒美術館に行くことになっていたけど、ただ展示を
見るよりは、目的が転じていることを自転車をこぎながら
おもった

短い時間だったけど 元気にされているご夫妻とお子さんに
会えてラッキー!

以前も家内が子供と目黒美術館に行った帰りにWESTで
バッタリということがあって、2度あることは3度と期待も
してしまうけど、

「元気にしてるかな?」などとたまに思う人と偶然に
出会えて、変わらぬ笑顔をお互いに交換できるような
そんな日常があることを、お互いがお互いの幸せとして
了知している。そんな雰囲気が感じられることが嬉しい。

もちろん、普通に会おうよ といって 会えれば それも
良いわけで、そういう出会いもあるし、その積み重ねに
そんな偶然がもたらされるのだけど それにしても
不思議で、なんとも幸せな一日だった。

美術館の後 僕だけ自転車だったので、
目黒不動尊に寄り道して帰りました。

« オノデラユキ 写真の迷宮(ラビリンス)へ/私を見て!ヌードのポートレイト | トップページ | 目黒美術館:遊びのなかの色と形展ークルト・ネフ & アントニオ・ヴィターリ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/49368239

この記事へのトラックバック一覧です: 会いたい人には会えるもので:

« オノデラユキ 写真の迷宮(ラビリンス)へ/私を見て!ヌードのポートレイト | トップページ | 目黒美術館:遊びのなかの色と形展ークルト・ネフ & アントニオ・ヴィターリ »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本