« お月見会のご報告 | トップページ | 自分を変えること »

2010年9月30日 (木)

空をどのように考えるか

「正法眼蔵」の経営力
村山幸徳著

この村山氏については詳しく知りませんでしたが

道元の「正法眼蔵」にとても興味を持ちました。
これは、村山氏の仏教に関する解説がとてもわかりやすく
そこに起因しています。

その解説の中で、空 についてとても参考になりました。

岩崎弥太郎を例にしていたのですが
-------------------------------------------------
生まれの身分を受け入れ、それを運命としてあきらめるのが
「空」ではなくて、
現状をどのようにも切り開くエネルギーが「空」なのである。
-------------------------------------------------

諦めることに努力するのでなく、諦め去った後に
ふんばることが 本来の人間でしょう。
容易に思えて、なかなか大変なことです。
とくに何についても不自由がないときには気づくことも
ないのですが、つまずかなければわからないことが
たくさんあります

とてもオススメな一冊です。

正法眼蔵 読んでみようと思いました。


« お月見会のご報告 | トップページ | 自分を変えること »

★★―読む価値はあり」カテゴリの記事

宗教」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/49604308

この記事へのトラックバック一覧です: 空をどのように考えるか:

« お月見会のご報告 | トップページ | 自分を変えること »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本