« スウェーデンボルグと日本 | トップページ | JR東日本 総合車両センターの夏休みフェア 行ってきました。 »

2010年8月30日 (月)

武士道

この前、安藤礼二の「場所と産霊 近代日本思想史」を読んでその影響か
新渡戸稲造の「武士道」の現代語訳を読んだ。

山本博文 訳・解説「現代語訳 武士道」

原文にあまり触れていないので、比較はできないけど
現代語訳はとてもわかりやすく、
僕も日本人なんだあ・・・とか思いつつ 違和感なく読むことができた

原文にもあるのかもしれないが、例示などもわかりやすく、
外国の人に日本のことを説明するときにも役立ちそう

けれども 現代人の僕からおもうと 封建制度にて骨格に肉付けが
なされた精神的なものが これからどのくらい続くのかなあとか

僕自身、生活のどこかにこうした精神が含まれているように
おもっても、そのすべてを具現はしてないことはもちろん、
道徳にも 宗教にも 距離をもっても なんとなく普通に暮らせている
ように思うし

大きな常識的な思想は断絶してるけれど、
個人がそれぞれ小さな思想をもとに生活している
そうした営みによって構成されている社会が現代なのかなあと
思ったりした

« スウェーデンボルグと日本 | トップページ | JR東日本 総合車両センターの夏休みフェア 行ってきました。 »

★★―読む価値はあり」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/49291173

この記事へのトラックバック一覧です: 武士道:

« スウェーデンボルグと日本 | トップページ | JR東日本 総合車両センターの夏休みフェア 行ってきました。 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本